« Raspberry Pi Zero W CPUの謎とカメラ | Main | Raspberry Pi Zero W RTC と シャットダウン・ボタン »

August 20, 2017

Raspberry Pi Zero W ブレッドボード

E313_1Raspberry Pi Zero W だが、外部と結線するところをどうするか、悩んでいた
どうせなら、汎用的な I/F にするべきだろうが、普通の Raspberry 3などと同じにすると、表側(CPUの付いた面)側にオスのヘッダを付けることになり、そうすると、折角の専用ケースに入らなくなる
Raspberry Pi Zero 専用ケースには、裏面側に I/Fが通る穴がある
そこで、裏表逆になるが、基板裏面側に I/F 用に秋月で売っているロープロファイルピンヘッダ(オス)を半田付けすることにした

これに、やはり秋月で300円で売っている ラズベリーパイB+/A+ブレッドボード用変換基板に ロープロファイルピンソケット(メス)および、細ピンのヘッダを半田付けしたものを用意する
と、ブレッドボードに挿して、実験しやすくなる

E313_2左の写真のように、ヘッダを半田付けした Raspberry Pi Zero W は専用ケースにすっぽり入る

実は、この状態で、専用カメラが付いた状態なのだが、全く問題なく入る。
 


E313_3ケースの裏側は、このような状態

ほんの少しだけ、ヘッダピンが飛び出しているが、ロープロファイルを使っているので、あまり気にならない程度だ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

E313_4最後に、ブレッドボードに付けた状態
専用ケースの中には、Raspberry Pi Zero Wと専用カメラが入った状態だ

これなら、色々と実験できる

で、実際に、これを使って実験して、作ったものは、また、次回以降に紹介予定

|

« Raspberry Pi Zero W CPUの謎とカメラ | Main | Raspberry Pi Zero W RTC と シャットダウン・ボタン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Raspberry Pi Zero W ブレッドボード:

« Raspberry Pi Zero W CPUの謎とカメラ | Main | Raspberry Pi Zero W RTC と シャットダウン・ボタン »