« おたくの本かい? | Main | UNITY GMONE KDE »

May 28, 2011

ネコ耳新幹線

E236東北へ行く用事があり、ネコ耳新幹線こと E5系「はやぶさ」に乗った。
もちろん、ネコ耳型エアロブレーキがあったのは試作段階での話で、量産型の E5系 にはネコ耳は無い。私が乗ったE5系 は量産型なので、当然、残念がら、ネコ耳は無い。念の為
現在、震災の影響で、速度が「はやて」並みに抑えられているため、特急券の値段も「はやて」と同じに設定されている。
まあ、E5系 の速度は体験できないけど、新しい車両には興味があるので、乗ってみた。

いやぁ、E5系「はやぶさ」、恐ろしいほど揺れない。既に述べたように、最高速度が「はやて」並に抑えられている上に、那須塩原以北では速度制限がかかっているのだが、それでも関東圏内では、270キロくらいは出しているはずだよね? それが全く感じられないくらい揺れない。N700 の時も驚いたけど、それ以上だ。
E5系「はやぶさ」、2013年から最高速度320キロになる。震災の影響で、遅れるかもしれないが、「はやぶさ」の本気モードの走りを体験したいものだ。

実は、昨年の末にも仙台に行く用事があった。
この時は、「はやぶさ」の就航前なので、行きは E2'系1000番台「はやて」、帰りは、E3系「こまち」を使った。伊坂幸太郎の「マリアビートル」を読んだ直後だったので、その影響もある。
「はやて」は、さすがに N700 が出るまで最高の乗り心地と言われただけのできと感心した。私の場合、N700 と E2'系1000番台 と乗る順番が逆になってしまったが。
「こまち」は、狭いことは当たり前だが、インテリアデザインはむしろ「はやて」よりも良い。ところが、走りだして、あまりに揺れるのでビックリした。もちろん、この「こまち」、E2'系1000番台「はやて」と連結した状態で走っている。つまり、方向こそ逆だが、同じ場所を同じような速度で走っているはずなのだが、あきらかに、乗り心地は「はやて」に劣る。さすがは E2'系1000番台!

と、大絶賛していた「はやて」だが、今回「はやぶさ」に乗って、だいぶかすんだなあ。それだけ、「はやぶさ」が良いできって事。

さて、今回帰りは、E4系 MAX 「やまびこ」に乗った。実は私は、E1 系 MAX 以来、2階建て新幹線が嫌いになって避けていたのだが、わざと、E4系 MAX の2階に乗って「はやぶさ」と乗り心地を比較しようと言うわけだ。

で、初めて E4系 に乗ったのだが、思ったほど悪くない。それでも、ロール方向への揺れが始まったら、止まらない。重心位置が高い上に2階に乗っているのだから当たり前か。まあ、比較した「はやぶさ」が良すぎるのか?

とまあ、ここ半年の間に、東北新幹線に現役で走っている E2'系1000番台 E3 E4 E5 を全て初めて乗ったことになる。(E2のゼロ番台は、昔乗ったことがあるけど、今回は乗っていない・・)
400系は乗らないうちに退役したので、残念なことしたなあ。そういや、800系は未だ乗っていないなあ・・・

とまあ、鉄道好きな私ではあるが、別に列車を作るわけでも何でもないので、クリエーティブなことは何もしていない。だから、趣味と言うほどのものではなく、単なる「乗り物好き」と言った程度。

|

« おたくの本かい? | Main | UNITY GMONE KDE »

Comments

4年くらい前に700系のぞみに乗車した経験があるのですが、想像よりも揺れを感じて、あれ?と意外に思ったものでした。N700は良くなったと聞きますね。
E5系で函館に行ける日もやってくるんですね。
リニア着工がようやく決まったそうですが、幼少時は北海道新幹線よりもリニアがずっと早く実用化すると思っていたものでした。名古屋までの先行開業が2027年、大阪までが2045年。生きているうちに一度は乗っておきたいです。

Posted by: 常磐線愛好家 | May 29, 2011 at 09:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/51787317

Listed below are links to weblogs that reference ネコ耳新幹線:

« おたくの本かい? | Main | UNITY GMONE KDE »