« 月のような推進システム | Main | 背景がボケるアダプタが欲しい »

July 04, 2010

SmartQ5 で青空文庫を読む

E216しばらく、宇宙ネタが続いたが、久しぶりに SmartQ5 のネタを。

SmartQ5 (Ubuntu FW5.5) を使って、電車の中などで、青空文庫を読む話だ。
もちろん、青空文庫は、著作権の切れた(一部著作権の残った作品もあり)文学作品をフリーで公開しているものだ。

元ネタは、何百冊もの文庫本を「NetWalker」で持ち歩き読書欲を満足させる方法~XJP2編~だ。XJP2を SmartQ5 用にコンパイルしても、なかなか、上手くいかなかったのだが、やっと満足できるようになったので、リリース。

XJP2のVer.2.9.1のソースコードを、x86上のARMエミュレータでコンパイルしたもの。
このARMエミュレータ自体が、NetWalker用の開発環境なので、NetWalkerでも動くかも知れない。動いた場合はご連絡を。

xjp_smartq5.tgzに、コンパイル済みのバイナリが入っている。インストや設定は、同梱している README.TXT を参照の事。


ライセンスは、元々の XJP2 と同じく、 zlib/libpng License とする。

楽しく役に立つプログラムを提供してくれている XJP2 に感謝。

|

« 月のような推進システム | Main | 背景がボケるアダプタが欲しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SmartQ5 で青空文庫を読む:

« 月のような推進システム | Main | 背景がボケるアダプタが欲しい »