« SmartQ5 で青空文庫を読む | Main | SF大会 »

July 17, 2010

背景がボケるアダプタが欲しい

E217昔、ニコンF3で撮った写真を見ていて、改めて今のデジカメには、背景ボケが無いことを実感した。
一般的に、背景ボケを出すには、受光素子が大きい事が必須と言われている。だから、フル35ミリ規格のCCDやCMOSを持つ EOS 5D や D700、いっそ 1Ds MK3 や D3X に大口径レンズを付けるのがベストって言うことになるのだが、そんな高いカメラを買っても重くて使わないだろう。第一、1000万~2000万画素を超える高画質が私に必要とは思えない。

デジカメで撮った写真は、多くの場合、パソコン画面やフォトフレームで観るか、ブログに張り付けるかで、昔のようにプリントすることはほとんど無い。パソコン画面やフォトフレームの場合、フルスペックHD画質でも200万画素だし、プリントだって、サービス判程度なら、200万画素もあれば十分だろう。ブログに至っては35万画素だ。

実は、背景ボケを出すには、受光素子が大きい事が必須ではない。必須なのはレンズの口径だ。同じ焦点距離(正確には35ミリ換算の焦点距離)、同じF値 のレンズの場合、受光素子が大きいほど、レンズ口径が大きくなるので、そう言った誤解(?)が生まれるのであろう。

背景ボケとレンズ口径の関係については、これとかこれ(firefoxのみ)に書いておいてある。

だから、背景ボケを出したいだけなら、無理に受光素子を大きくする必要はない。焦点距離 18mm F0.3 なんてレンズがあれば良いのだ。むちゃくちゃな数値だが、「回折限界を狙うような解像度重視ではない」「イメージサークルが小さい」「明るい必要はない」など、今までのレンズと要求が違うので、不可能ではないだろう。

むしろ、イラストの様に「1倍コンバータ」なるものをコンデジに付ける方がいいかも。
こう言った商品が売られているかと、ネット上を探したが無かった。
誰か、画質は問わないから、「1倍コンバータ」を作ってくれないかなあ・・・

|

« SmartQ5 で青空文庫を読む | Main | SF大会 »

Comments

ご無沙汰しています。本当に普通のデジカメで撮った写真は、背景がボケませんね。主要被写体も背景もごちゃごちゃの写真しか撮れません。室内でのパーティの写真に特化しているようで、自動撮影装置(ソニーのIPT-
DS1)に載せてDSC-WX1に勝手に撮影させると、とてもそれらしい写真が撮れます。

でも、人物のポートレートなんかは背景ボケが無いから無理のようです。私は昔のContax用のCarl Zeissレンズ(プラナー85mmF1.4とか)をアダプタをかましてEOS 5Dに装着してそういう用途では使っています。おっしゃるとおり重いから車でないと持っていかないし、交換レンズなど持ち歩きたくないから、家を出るときに予想して、今日は50mmなどと決めて、全部そのレンズで撮影してきます。

5Dのようなフルサイズでなくても、軽いEOSに昔の単焦点の大口径レンズをつけたらボケるのではないでしょうか?

Posted by: はかせ | July 17, 2010 at 04:33 PM

ソニーの新製品のDSC-TX9の特徴の一つが、「一眼レフカメラのようなポートレートが撮れる「背景ぼかし」モード」の様ですが、如何ですか。

Posted by: utashima | July 17, 2010 at 11:18 PM

 お久しぶりです。
 APS-Cサイズのイメージセンサーを使ったハンディカム(NEX-VG10)がアメリカで発表されましたが、そのプロモーション・ビデオの中に、イメージ・センサーのサイズでボケが違うというアピールをしてますね。
 http://youtu.be/18-A06N-Tyw
 だいたい48秒あたりからのカットになります。
 サイズの小さいイメージセンサーを使うと、レンズは明るくなるし、被写界深度も深くなるし、メモ代わりに使用されるであろうコンパクト・カメラとしては良い特性になると思います。
 ただ、センサーが小さいカメラって、遠景に弱い感じがしますね。
 またまた、ビデオカメラですが、昔、SONY EDCAM(CCD 2/3インチ2板式)とVictor GY-DV500(CCD 1/2インチ三板式)を持っていたことがあり、風景で撮り較べたことがありましたが、遠景の杉林の立体感などでEDCAMのほうが良かったです。
 なので、センサーが小さくて、レンズが明るいカメラって、ポートレートや静物など用途が限られるような気がします。
 とりあえずノクト・ニッコールを4/3につけて、誰か試してくれないかなぁ。 
 

Posted by: Technobose | July 20, 2010 at 10:43 PM

はじめまして、ちょっと違うかもしれませんが、動画の世界だとDOFアダプターというものがありますよ。

Posted by: dai | July 20, 2010 at 11:53 PM

はかせさん、お久しぶりです。EOS-5D ですか。良いですね。羨ましいです。

utashima さん、どうも。
ソフト的に処理ですか。その手があったか・・ですね。

Technobose さん、どうも。
確かに、イメージセンサーが大きいと有利なのは確かなんですが、それを小さいセンサーでどうにかできないかと・・・
ノクト・ニッコール+4/3試したいですね。

dai さん、どうも。
DOF アダプターについて、ググッてみました。
なるほど、こう言う手もあるんですねえ。

Posted by: 野田篤司 | July 25, 2010 at 09:31 PM

 こんばんは。
 ノクト・ニッコールではないですが、youtubeでノクティルックスF1.0とオリンパスPenを使った動画が有りました。
 http://www.youtube.com/watch?v=jaFJaYeQiq4
 夜間なので、ボケはよくわからないですが、ピントがシビアなのはよくわかります。

 ノクトン35mm F1.2の作例も有りましたが、これでやっとフィルムで50mm f1.4開放で撮った時と同等みたいな感じです。
 http://www.youtube.com/watch?v=iH5RZLUaXBU

 やはり、野田さんのおっしゃるとおり、f0.3とかの明るさがないとボケに関しては難しいみたいですね。

Posted by: Technobose | July 27, 2010 at 11:13 PM

通りすがりの者です、初めまして。
イラストの「1倍コンバータ」ですが、これはまさしくガリレオ式望遠鏡ですね。望遠鏡の倍率は入射する光束の径と出てくる光束の径の比なのでこのイラストだと4倍くらいだと思います。つまり4倍のテレコン(フロントコンバータ)がまさしくこのような光学系かと。

Posted by: HN | July 29, 2010 at 10:38 AM

はじめまして。南風と申します。

残念ながら、F値は、定義から、空気中(真空中でもほぼ同じ)
では、0.5を超えられません。
この場で下手な説明をするより
http://www.anfoworld.com/LensMF.html

焦点距離と口径(Focal Length and Optical Diameter)
から
Fストップと開口数N.A.(Numerical Aperture)
あたりをお読みください。

これを少しでも改善するために、近頃の半導体露光装置
は、液浸と称して、レンズと半導体ウェハーの間に、純水を
入れているのです。

Posted by: 南風 | August 01, 2010 at 12:00 PM

なるほど、
よほど工夫をしないとF値を小さくするのは難しいのですねえ。
一度、光学系の専門家とお話したい話題と思っていますが、そんな機会があると良いなあ。

Posted by: 野田篤司 | August 21, 2010 at 04:36 PM

古いネタのコメントが読まれるかわかりませんが…

F3のファインダー像をデジカメで撮影すれば解決です :-) 全面マットのスクリーンを入手する必要がありますが…

もうちょっとお手軽には、3Dカメラの映像から演算で「真面目に距離を計算した上での擬似ボケ」は作れそうな気はします。(どこかが特許とってそうな気も。)

もっとも、ボケ表現は単に被写体距離・焦点距離・F値で決まるものではなく、レンズの収差や周辺減光などの特性がつくる「味」もありますから、単純にボケればいいというものでもないですが。

Posted by: バケツゼリーの人 | October 18, 2010 at 10:21 PM

全面マットのF3用スクリーンは持ってますが、それじゃ解決にならないと思います・・

ちなみにバケツゼリーって少し考えちゃいました。
すぐ判りましたが・・

Posted by: 野田篤司 | October 20, 2010 at 09:44 PM

こんにちは。ちょうど今、背景ボケの研究をしています。

上の方でHNさんも書かれてますが、このコンバータですと、像側主面が前に出てしまうので、焦点距離が大きくなると思うのですが(つまり「1倍」は不可能ではないかと)。光学は勉強を始めたばかりなので、的外れでしたらすみません。

Posted by: まいすた | December 26, 2010 at 10:59 PM

1倍コンバータその手が有った!

最短はF0,17 理論はどうでも現実です。
写真用F0,33 Zeiss Gigantar  
F0,17 フレンネルレンズ
F0,28 ツアイス設計120度接眼鏡 ニコン脇本善司設計120度接眼鏡
     Koehlorの120度接眼鏡 
F0,33 ツアイス Gigantarφ135mm_fl:40mm フィルム35mm用
     中央部φ10mmは200本解像 
F0,35 CCD用 PMMAインゴット削り出し 口径より長い 前後が非球面
F0,40 Nikon NAV-HW接眼鏡見かけ視界102度

Posted by: futofutomomo | October 18, 2011 at 04:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/48896240

Listed below are links to weblogs that reference 背景がボケるアダプタが欲しい:

« SmartQ5 で青空文庫を読む | Main | SF大会 »