« Grape-DR | Main | ボディ・コンバット »

December 05, 2009

Ubuntu 9.10

E188Ubuntu 9.10 が 10/29、日本語 Remix が 11/4 にリリースされている。
普段なら、リリースされた直後に、このブログに書く私だが、今回は、一ヶ月以上も遅れての書き込みだ。
何故こんなに遅れたかと言うと、前回の 9.04 前々回の 8.10 で懲りたからだ。結局、この二つのバージョンは使い物にならず、未だに、その前の 8.04 LTS をメインで使い続けている。

Ubuntu は半年毎にバージョンアップするのだが、2年毎に出る LTS (Long Term Support) バージョンは、その名の通り、長期サポートを前提とするため、安定性が高い。
それ以外のバージョンは、短期間サポートであり、安定性よりも先端技術の導入に主眼を置いた構成になっている。
私のように、Windows よりも Ubuntu をメインに使っている者にとっては、先端技術よりも安定性の方が重要であり、8.10 や 9.04 では、とても実用になるレベルでは無いと判断せざるを得なかった。

では、同じく短期バージョンである Ubuntu 9.10 は、最初から実用にならないだろうと無視していた・・とは、然に非ず。
実は、英語版も日本語 Remix 版もリリースの直後にはダウンロードして使っている。
今回は、一ヶ月の間に Ubuntu 9.10 を使い込んだ上で、その結果を踏まえて、ブログに報告することにしたわけだ。

さて、問題の Ubuntu 9.10 だが、最初こそ、バグが多いと言われたが、アップデートを繰り返す内にダンダン良くなってきていた。
だが、さりとて 8.04 LTS と置き換えるほどの決定打も無い、可もなく不可もないバージョンだと思っていた。

この間に Ubuntu Magazine Japan vol.02 が発売された。
また、性懲りもなく買ってしまった。週アスの増刊での Ubuntu 特集号から全て買っているのだが、最近は勢いが無く、面白みがなくなっているなあ・・と思っていたが、読み込んでいる内に色々とネットでは判らなかった情報が一杯入っている事に気付いた。
特に サスペンド と Bluetooth の情報。これが使える事が判って、Ubuntu 9.10 の評価が一気に上がった。

では、以下に Ubuntu 9.10 の評価報告をしよう。なお、ハードウエアは、例によって、LOOX U/C30 CPU に ATOM Z520 を、グラフィックに GMA500 を使ったものだ。
・9.10 が、8.04 LTS に比べて、優れているところ
 ・起動が速い
  ・新しいファイルシステムの ext4 はデスクスキャンしても速い
 ・ 再生できる動画の種類が多い。
 ・Compiz が使える(サスペンドとの共用はできないが)
 ・サスペンドができる (Compizとの共用はできないが)
 ・無線 LAN が安定している。
 ・Bluetooth が安定している。
  ・マウスは当然使える。
  ・ヘッドセットも使える。
  ・PAN 接続は成功していない。次は、これだね。
 ・グラフィックドライバが更新されているので比較的新しいカーネルが使える
・9.10 が、8.04 LTS に比べて、劣っているところ
 ・タッチペン。
  ・evtouch のキャリブレーションが psb グラフィックドライバと相性が
   悪いようで表示されない。
  ・時々使えない。タッチすると右下のゴミ箱を起動した事になる。再起動
   しないと正常にならない。
  ・タッチペンを使っているとシステム自体がハングすることがある。9.04
   の頃から比べると頻度は低くなった。
  ・正常に使えているときのタッチペンは、むしろ Ubuntu 8.04 の頃より
   スムーズで使いやすい。
 ・システム自体が、時々ハングする
  (アップデートで改善されたせいか、最近しなくなった)
 ・サウンドが時々聞こえなくなる。正常復帰には再起動が必要。
 ・日本語入力を制御している IBus が未だちょっと不安定な事。アップデー
  トでだいぶ良くなったが。
・9.10 が、9.04 もしくは 8.10 に比べて良くなったところ。
 (もっとも、8.04 では問題なかった部分)
 ・Firefox を使って、WEB 上の入力フォームに文章を入れるとき、遅くて
  どうしょうもなかった問題は改善されている。
 ・新しいファイルシステム ext4 が、9.04 リリース当初ダメだったのが、
  解消されている。
  (噂では、9.04 リリース後しばらくしてから、アップデートで問題は
   解消されたらしいのだが、その頃には、私は既に酷い目にあって、
   9.04 を ext3 でクリーンインストールしなおし、その後は、そのま
   まで使っていた)
 ・プリンターが漢字の文字化け無く使える。
  ・もっとも印刷の文字化けがあったのは、8.10 だけで、9.04 ではなおっ
   ていたが・・・
・まだ試していない機能
 ・文書化。特に dvipdfmx gs maxima
 ・スキャナー

と言う訳。
サスペンド機能と言い、無線LANやBluetoothと言い、Ubuntu 9.10 は、使えそう。
これで、タッチペンさえ問題なければ、100%なんだが。

|

« Grape-DR | Main | ボディ・コンバット »

Comments

9.10LTS、まともですか。もうちょっと待とうかとも思っていたのですが、時間ができたら8.04LTSから乗り換えます。
とはいっても、師走なので、Windows7すら試していない状態ですけど。。。
原稿執筆環境をWindowsに変えたため、こっちでは実験をしたくないですから、とっととUbuntu上の仮想環境でいろいろいじくり倒したいのですが、MoblinやChromeも試せるのはまだまだ先のことになりそうです。。。

Posted by: 大野典宏 | December 05, 2009 at 02:11 PM

大野さん、どうも。
9.10は LTS じゃなくて、次の LTS は 10.04 「Lucid Lynx(冴えた山猫?)」ですよ。(猫科だと、Ubuntu じゃなくて MAC のように思えてしまいますね)

とまあ、細かいツッコミはともかく、今のところ、Ubuntu 9.10 は調子が良い様です。
時間ができたら、一度試すことをお勧めします。

Posted by: 野田篤司 | December 05, 2009 at 05:50 PM

あ、すいません。誤解ですね。9.10って私はダウンロードすらしていないので、何も言えませんが(9.04で嫌になりました)、安定しているのなら試してみたいです。
しかし、Lynxって、、、テキストブラウザとかRTOSを思い出してしまいますが、次のLTSには期待したいです。8.04がリリースされた時の感動をもう一度!

Posted by: 大野典宏 | December 06, 2009 at 03:09 AM

9.04 は、Ubuntu の評判落としましたね。
「さようなら Ubuntu、こんにちは PCLinuxOS」
http://japan.internet.com/linuxtutorial/20090703/1.html
なんて、コンテンツも出ていますし。
どうも起動時間の短縮など、先端技術に走り過ぎて、実用に必要な基本性能を犠牲にしたようです。

短期サポート版を実用に使おうとしたユーザーにあるのかも知れませんが、それならそれで、Ubuntu の初心者&実用を優先する人には、ちゃんと 8.04 LTS を薦めるように広報する必要があったと思いますね。

まあ、9.04 の反省もあったでしょうが、9.10 は、派手な機能追加は少ないですが、9.04 より遥に安定しています。
このコンテンツ自体を含めて、絵を描くことから、MIXIまで、昨日から、全て、9.10 で書いていますが、問題無しです。(9.04 なら、このコメントを書くこともできなかったでしょう)

Posted by: 野田篤司 | December 06, 2009 at 08:22 AM

今さっき、9.10 のカーネルを最新版の
2.6.31-16-generic
にしました。もちろん、自動アップデートです。
これで、さらに安定性が増せば怖いものなしなんですが・・・・・

Posted by: 野田篤司 | December 06, 2009 at 09:01 AM

カーネルが安定してもスケジューラやデバイスドライバ、ライブラリの組み合わせが調和しない限りOSとしての完成度は上がらないので、Linuxとしてどうだ?という話ではなく、Ubuntuとしてどうだ?というレベルの話にしてほしいです。Canonicalは努力していると思いますが、いかんせんRedHatやCentOS(これはサーバですけど)よりもサポートが弱いと言う印象はあります。

Posted by: 大野典宏 | December 07, 2009 at 12:02 AM

厳しいですね。
確かに実用で使うことを考えたら、無用にカーネルを更新するより、ドライバ/モジュールとの相性を追求した方が良いかも知れませんね。
Ubuntu も無理に半年毎に更新するのを止めた方が良いかも知れません。8.10 や 9.04 みたいな外れを出すくらいなら、一年程度ごとに短期版を出すとか、 testing 版として、sid みたいな危ない名前を付けて、ユーザーに警告すべきでしょうね。
Ubuntu の場合、コードネームは動物の名前だから、毒のある動物なんてどうでしょう。
Cobra とか Scorpion とか・・
こう言う名前なら、最初から警戒するでしょう。

Posted by: 野田篤司 | December 07, 2009 at 10:32 PM

CanonicalはUbuntuの知名度を上げ、Linuxディストリビューションとして最も民生品への採用事例を増やすことには成功しましたが、なまじ知名度が上がってしまったため、焦っているようにも見えてしまいます。確かに無理してまで未完成品をリリースする必要なんて無いわけですから。
この現象って、MSがOSのバージョンアップを期待されすぎて、VISTAでやってしまった失敗を思い出してしまいます。。。
だから余計に心配で。

Posted by: 大野典宏 | December 10, 2009 at 09:59 AM

新カーネル 2.6.31-16-generic のアップデートが止まりません。
12/6 に出て以来、今さっきで3回目のアップデートです。どうも、ついさっきまでのバージョンはハングが多かったような・・・
カーネルのアップデートも良いんですが、あまりアップデートが続くのも不信感が沸きますね。

Ubuntu 9.10 リリース時の 2.6.31-14-generic は良かったのですが、一つ前の 2.6.31-15-generic は起動もできないカーネルでしたし・・・
困ったものです。

Posted by: 野田篤司 | December 10, 2009 at 10:04 PM

Canonical内部では、カーネルをバージョンアップする際、十分にテストをしているのでしょうか?
最近、「そもそも、これはどうなっているの?」という疑問が消えません。無理してでも不安定なバージョンをリリースしてしまったり、不安定なカーネルを配布してしまったり。
これから、民生品用のOSとしてLinux勢力で期待できるのはUbuntuやChromeだということを考えると、もうちょっと慎重に行って欲しいものです。

Posted by: 大野典宏 | December 11, 2009 at 09:10 AM

12/10にアップデートした 2.6.31-16-generic は今のところ調子いいです。12/10以降、このブログへの書き込み、下手絵、OpenOffice、メールにと、ずっと使い続けて居ますが、ハングしていません。
これなら使えるかも・・・・

Posted by: 野田篤司 | December 14, 2009 at 09:54 PM

Loox u50x/v + Ubuntu9.10 です
タッチパネルのキャリブレートとフリーズ解消について

evtouchをインストールしたあと、

/usr/share/hal/fdi/policy/20thirdparty/50-Fujitsu.fdiを書き換える

うちのは1024×600なので
minx=600 miny=1070 maxx=15400 maxy=15750
1200×800だと増減が必要かも。

もうひとつ、
Option "Emulate3Buttons の値を true→falseに
これでフリーズしなくなったみたい。

お試しを。

Posted by: BC | February 10, 2010 at 01:04 AM

BCさん、ようこそ。

明日の祝日にでも試してみます。
どうも情報、有難うございました。

Posted by: 野田篤司 | February 10, 2010 at 06:20 AM

BCさん、

試したのですが、どうも上手く行きませんでした。
それで、色々試すうち、一度グラフィックドライバの psb を止めた状態(/etc/X11/xorg.conf を一時的に消した)で、キャリブレーションした後、再び psb を使うと上手くいくようになりました。
これも上手く行ったり行かなかったりします。

どうもevtouchは再現性がないようですね。
上手く動いているうちは、触らぬ神ですので、この状態でしばらく使ってみます。
どうも有難うございました。

Posted by: 野田篤司 | February 13, 2010 at 04:07 PM

うまくいきませんでしたか。
ちなみにうちのは9.04を削除してクリーンインストールしたのですが、その状態だとxorg.confは存在しません。
ですので、9.10だとxorg.confを使わないpsbの入れ方があるのかもしれません。
うちのはpsb使えないのでこれ以上はわかりませんが。
中途半端な情報ですみませんでした。

Posted by: BC | February 13, 2010 at 10:49 PM

調べてみますと、どうやら、私の使っている psb グラフィックドライバのインストールスクリプトが xorg.conf を自動生成するようになっています。

> 中途半端な情報ですみませんでした。
いえいえ、そんなことありません。
psb グラフィックドライバとevtouchに何らかの関連がありそうだと判ったのも十分価値ありです。
情報有難うございます。

Posted by: 野田篤司 | February 14, 2010 at 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/46940648

Listed below are links to weblogs that reference Ubuntu 9.10:

« Grape-DR | Main | ボディ・コンバット »