« LOOX U/C30 Ubuntu で拡張現実AR | Main | 東京とびもの学会 »

March 03, 2009

宇宙へ行きたい

E143最近、私は、ブログではミニ・ノートPCとか Ubuntu の話題ばかりで、宇宙のことは、すっかり忘れてしまっていると思われるかしれない。実際は、まるで逆で、本職が宇宙関係者であることもあり、宇宙のことを考えざるを得ない毎日を過ごしている。

実は、半年ほどまえから、ある委員会の委員を引き受けている。この委員会自体、公表されているし、メンバーも決して匿名ではない。ただ、プレス発表の時、記者に「構成メンバーは?」との質問にメンバー一覧を用意していなかったので、そのまま一般に公開する機会を失ったと事務方には聞いている。次に記者に聞かれた時のためにと、メンバー表を作って用意したけど、今度は、誰も聞いてくれないと・・(苦笑)

だから、ここで私が、どこの何と言う委員会のメンバーになっているかを明確に書いても、たぶん何の問題もないのだが、自分から言い出すのも恥ずかしいので、うやむやにしておく。

まあ、簡単に言えば、月だとか火星だとか小惑星に、どう言った探査機を送るの、将来はどうするの、今どうなっているのって、評価したりだとか報告だとか受けたりするわけ。だから、委員って言うのは、有識者とか専門家から構成されているのだが、なんでか知らんが、私も選ばれた。
全く以前ブログに書いた【人類は宇宙へ飛び出そう まずは小惑星から】シリーズを地で行くような話と言えば、そう言う話なわけ。冗談じゃなくて、この委員に推薦されたのは、『小惑星シリーズ』をブログに書いた2ヶ月後くらいだった。まんざら無関係とも言い難いかなとも思い、選んだ人に確認したのだが、ブログのネタとは無関係だと言う。とは言え、私が、こう言う性格なのは知った上で選んだんだろうから、委員会の席で、そう言う話しても良いよね。

で、昨日、今年度最後の委員会をやった。は○ぶ×が○月×日に運用を再開し○年△月に×に帰ってくるから、その調整に大変だ・・・って報告があったりする。

で、その委員会の最後に、委員会の主とも言える K 先生が、委員の意識を知ると言って、色々質問して挙手をした。詳しいことは書けないが、意識調査の結果、メンバー中、私が最も「深宇宙」に「有人」を「自前の宇宙船」で「早急」に行くことを欲していることが判った。それもダントツで。

こう言った集まりなんだから、私よりも激しい人がいると思ったんけどなあ。

委員の中で、私が一番と言うわけじゃないけど、相当若い方だったのと、この手の委員会は不慣れなので、今まで大人しくしていた。
でも、人類が宇宙に出ていくとか、小惑星に住むとか、恒星間飛行するとか・・・、そんなアグレッシブな話をしても良いんじゃないかって思い始めてきた。あと、1年半、委員の任期も残っているしね。

|

« LOOX U/C30 Ubuntu で拡張現実AR | Main | 東京とびもの学会 »

Comments

月面探査構想、有人飛行も検討 政府の宇宙基本計画
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090305AT2G0500105032009.html

Posted by: kodama | March 05, 2009 at 09:45 PM

たぶん、「委員会」あるいは「有識者会議」に選ばれるような偉い人は自分でなにかをやることを諦めているんでしょうね。もしくは、期待される意見を言うためにあらかじめ萎縮してるのか。
歳取ると、残された時間は短くなるし、有人飛行っていつ実現出来るか解らないから、一刻も早く開始したい、と思ってるのは実は委員のなかでも若い方の野田さんだけだったというわけですか。

Posted by: 笹本祐一 | March 06, 2009 at 06:22 PM

おはようございます。
日本も有人活動に乗り出すんですね。アレス、オリオンの開発過程をNASAで見てると、設計、開発、製作、検証を積み重ねて、長期間かけて作っていくので、ブレナイ政府が必要です。
H2CかH2Dの大型ロケットが手に入れば、無人探査機も遠くに早く送り込めるので、しめしめでございます。
日本の場合は電源的に、小惑星帯へばらまくしかないんですが、イトカワともエロスとも違う、おもろい小惑星が有りそうです。

Posted by: bbsawa | March 07, 2009 at 10:58 AM

kodama さん、笹本さん、bbsawa さん、
本当に、本気で、「有人」なら良いんですけど。
どうも「本気と書いて『マジ』」って読めないところが、何ですねえ。

Posted by: 野田篤司 | March 08, 2009 at 03:03 PM

お久しぶりでw

倫理上の問題は色々ありましょうが、
星新一の小説張りに、死刑囚を深宇宙にとか
「絵空事」のようなプロジェクトを言いだす奇人が居ても良いのではないかと思います。
月だ火星だとしょぼい事言ってたら、若い奴らはがっかりしますよw

Posted by: ほし | March 18, 2009 at 09:40 PM

ほしさん、こちらこそ、お久しぶりです。
お宅のホームページから、Mikoto をダウンロードさせてもらいました。
てっきり、来るとしたら、拡張現実ARの方だと思ってました。

確かに、月だとか火星だとかショボいこと言ってないで、最低限小惑星、できれば木星土星、いや恒星間まで夢を広げたいものです。

Posted by: 野田篤司 | March 18, 2009 at 10:49 PM

私も宇宙に行きたいです。それというのも、地球のうっとうしい社会が嫌だという、逃げからです。;^^)放射能汚染の脅威から逃れて、好きなこと思いっきり出来たら楽しいかもと思います。^^

Posted by: ぽち | May 01, 2011 at 11:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/44236372

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙へ行きたい:

« LOOX U/C30 Ubuntu で拡張現実AR | Main | 東京とびもの学会 »