« December 2008 | Main | February 2009 »

January 25, 2009

LOOX U/C30 に Ubuntu 8.04 をインストして高解像度

E138LOOX U/C30 に Ubuntu 8.04 をインストしてしまった。既に Ubuntu 8.10 のインストに成功しているのだから、何を後退したことを・・と思われるかも知れないが、そんな事はない。 Ubuntu 8.10 には、専用グラフィックドライバが無いため、せっかくの 1280x800 の解像度を使えず、汎用ドライバで、1024x600 (正確に測定したわけでは無いので予想)の解像度しか使えなかったのだ。
ネット上を探すと、 Ubuntu 8.04 には専用グラフィックドライバがあり、1280x800 の高解像度が使え、輝度が自由に設定できるようになる。私の場合は、さらに Ubuntu 8.04 なら、Maxima が正常動作するというオマケまで付く。ただし、 Ubuntu 8.04 のインストはチト面倒だが、この辺は、LOOX U だけではなく、同じようなハードウエア構成の DELL Inspiron Mini 12 や SONY type P に Ubuntu インストするときの役に立つかもしれない。

さて、まずは、普通に Ubuntu 8.04 をインストするところから、始める。
「Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語ローカライズド Desktop CD」を USB接続の外部CD-ROMドライブに入れて起動しても良いし、USBメモリから起動しても良い。Ubuntu 8.04 をUSBメモリから起動する方法については、Ubuntu を徹底して簡単にするサイトを参照のこと。
起動時に F6 キーを押し、カーネルオプションとして、行末に「generic_all_generic_ide」を追加しないと、HDD を認識しない。ただし、 LOOX U/C30 の キーボードからは、「_(アンダーバー)」が入力できない。一度、F3 キーを押し、キーマップを「USA」にして、シフト+「-」を押すことで、「_(アンダーバー)」が入力できる。オプションが入力できたら、起動前に、もう一度、F3 キーを押し、キーマップを「JAPAN」に戻しておく。
その後は普通にインストする。インスト完了後、再起動を促するダイアログが出るが、「ライブCDを使い続ける」を選択する。 端末を起動し、以下を実行する。

$ sudo mount /dev/sda5 /mnt    << sda5 の部分はインストしたパーティションにすること
$ sudo vim /mnt/boot/grub/menu.lst
として、
kernel		/boot/vmlinuz-2.6.24-19-generic root=UUID=〜 中略 〜 splash generic_all_generic_ide
と言うように、行の最後に「generic_all_generic_ide」を追加する。
ここで初めて、再起動。

再起動しても無線LANが使えないので、 無線LAN を使えるようにする。LOOX U が使っている無線LANはath9k と言うドライバで動くものらしい。
Re: ath9k から、compat-wireless-ath9k-2.6.24-19-generic_20080806-mactel1_i386.deb をダウンロードする。 LOOX U の Ubuntu でネットが使えなければ、他のパソコンもしくは、LOOX U の Windows XP でファイルだけをダウンロードして、USBメモリやSDカードで持ってくる。

$ sudo dpkg -i compat-wireless-ath9k-2.6.24-19-generic_20080806-mactel1_i386.deb
再起動したら、普通に無線LAN が使える。

無線LANが使えるようになったら、OSをアップデートする。 アップデート後、/boot/grub/menu.lst から generic_all_generic_ide のオプションが消える事があるので、注意。再起動前にチェックして、消えていたら付け加えておく。 新規に追加されたカーネル(現時点では、2.6.24-23-generic)にもオプションを追加しておこう。万一、/boot/grub/menu.lst から generic_all_generic_ide が消えて、起動できなくなった時のために、USB メモリに起動可能な Ubuntu 8.10 か Ubuntu 8.04 を入れておくと便利。USB メモリから起動した Ubuntu でハードディスク内部の /boot/grub/menu.lst に generic_all_generic_ide を追加すると戻る。 アップデート後、2.6.24-19-generic から起動しても、無線LANが使えないことがある。この場合は、もう一度、下記コマンドを繰り返すと、再起動後、無線LANが使えるようになる。

$ sudo dpkg -i compat-wireless-ath9k-2.6.24-19-generic_20080806-mactel1_i386.deb

ここからが本題のグラフィックと無線LANドライバの更新。
まず、無線LANの使えるカーネル(最初の時点では、2.6.24-19-generic)上での作業する。
・https://launchpad.net/~ubuntu-mobile/+archive から xserver-xorg-video-psb_0.16.0+repack-0ubuntu1~804um6_i386 をダウンロード。
・http://ubuntuforums.org/showpost.php?p=5545069&postcount=5 から compat-wireless-ath9k-20080806.tar.gz をダウンロード。
カーネルモジュールの再構築 を再構築する。

$ sudo apt-get install build-essential kernel-package libncurses5-dev
$ sudo apt-get install dpkg-dev fakeroot debhelper linux-kernel-devel devscripts
$ sudo apt-get install linux-headers-generic
$ sudo apt-get install linux-source
$ apt-get source linux-ubuntu-modules-2.6.24-23-generic
$ vim ~/linux-ubuntu-modules-2.6.24-2.6.24/debian/config/i386

として、次の行を追加する。
CONFIG_DRM_PSB=m

$ cd linux-ubuntu-modules-2.6.24-2.6.24/
$ fakeroot debian/rules binary-modules-generic
終わると、 ~/linux-ubuntu-modules-2.6.24-23-generic_2.6.24-23.36_i386.deb ができている。LOOOX U/C30 (Z520 1.33GHz) だと、32分かかった。ちなみに、Athlon64X2 4200+ だと8分。
再起動して、最新カーネル(2.6.24-23-generic)から起動。この状態でも、まだ無線LANも高解像度グラフィックも使えない。
$ tar zxvf /home/anoda/compat-wireless-ath9k-20080806.tar.gz 
$ bash compat-wireless-ath9k-20080806.sh
~/compat-wireless-ath9k_20080806-debgen1_i386.deb ができている。

次の順で、インストール。

$ sudo dpkg -i linux-ubuntu-modules-2.6.24-23-generic_2.6.24-23.36_i386.deb
$ sudo dpkg -i xserver-xorg-video-psb_0.16.0+repack-0ubuntu1~804um6_i386
$ sudo dpkg -i compat-wireless-ath9k_20080806-debgen1_i386.deb
もう一度、再起動して、最新カーネル(2.6.24-23-generic)から起動すると、無線LANも高解像度グラフィックも使える。

最後にタッチペンも使えるようにする。
Synaptic で「evtouch」をインストール
/etc/X11/xorg.conf に次のように InputDevice を追加する。なお、MinX などは私のLOOX U の値だ。個体差があると思うので、調整する必要があるかもしれない。

Section	"InputDevice"
Identifier "touchscreen"
Driver "evtouch"
Option "Device" "/dev/input/by-id/usb-Fujitsu_Component_USB_Tou
ch_Panel-event-joystick"
Option "DeviceName" "touchscreen"
Option "MinX" "356"
Option "MinY" "1076"
Option "MaxX" "15502"
Option "MaxY" "15897"
Option "MoveLimit" "1"
Option "ReportingMode" "Raw"
Option "Emulate3Buttons"
Option "Emulate3Timeout" "50"
Option "SendCoreEvents" "On"
EndSection
また、ServerLayout の中に次の一行を追加する。
Section "ServerLayout"
Identifier "Default Layout"
Screen "Default Screen"
InputDevice "touchscreen" << この行を追加
InputDevice "Synaptics Touchpad"
EndSection

これで完了。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

January 17, 2009

LOOX U のタッチパネル

E137前回のコンテンツでは、Ubuntu 8.10 のインストールまでは上手くいったが、肝心のタッチパネルを使うと、線がガタガタになって絵が描けないと言うところまで書いた。実は先週のうちに、この問題は解決したので、報告する。

まず、Synaptic で evtouch」をインストールした後、ターミナルで以下の操作をする。

$ cd /etc/hal/fdi/policy/
$ sudo cp /usr/share/hal/fdi/policy/10osvendor/50-Fujitsu.fdi .A
$ sudo vim 50-Fujitsu.fdi

として、編集し、
         <merge key="input.x11_options.maxy" type="string">976</merge>

の次に、以下の一行を追加する。(この行を追加しないと線はガタガタになるが、アイコンのタッチだけに使うなら問題ない)
         <merge key="input.x11_options.movelimit" type="string">1</merge>

ここで、一度再起動する。
キャリブレーションは、「設定」「システム設定」「Calibrate Touchscreen」 と実行し、 最初のダイアログは「OK」ボタン押して消す。
次に画面が灰色になる。画面の四隅をタッチしたのち、エンターキーを押す。 左上から、×マークが赤くなるので、順次赤くなった×マークを合計9箇所クリックする。×マークの赤は見えにくいので、注意。
×マークを9箇所クリックするとダイアログが再び出てくるので、「OK」ボタン押して消す。
もう一度、再起動すると、キャリブレーションが反映される。

一応、GIMP などのペイント系ソフトで絵が描ける。ただ、GIMPは高機能過ぎるせいか、動作が遅く、小さな画面にはツール類が煩すぎるので使いにくい。軽いペイント系のアプリでレイヤーが使えるものを探しているのだが、まだ良いものが見つかっていない。

話題は変わるが、前回、USBメモリからの起動で 1GBだと起動できるが、2GBだとできないと言ったが、BIOSの設定の問題だと判った。なんとBIOSからは、1GBのUSBメモリは、ちゃんとUSBメモリと認識されるが、2GB以上のUSBメモリはUSB HDDと認識されるのである。BIOSで、USB HDDから起動するように設定すると、何の問題もなく起動できるようになる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 04, 2009

アトムの子ら 続き

E1361買ったばかりの LOOX U だが、半日後には Linux を入れてしまった。Ubuntu 8.10 である。

最初に挑戦したのは Ubuntu 8.04.1 LST だ。USB メモリから起動するところまでは、すんなり行ったのだが、ハードディスクも無線LANも認識しない。購入前にネット上でチェックしたところ、古いカーネルだとハードが認識できないと言う情報があったが、その通りだ。せめて、ハードディスクくらい認識して欲しかった。次に Ubuntu 8.10 を入れた USB メモリで起動しようとしたが、起動できない。実は、ここで一番トラブったのだが、すったもんだと試した挙句、不具合原因は Ubuntu のバージョンでも何でもなく、USB メモリだった。写真は両方とも秋葉原で買った安物のUSBメモリだ。写真上の 1GB のものなら、 Ubuntu 8.04.1 LST でも 8.10 でも起動できるが、下の 2GB メモリは起動できない。だが、それに気付くまで、写真下の USB メモリに 8.10 を入れていたのでトラブった。なお、USB メモリによる起動の原因については、メーカーの問題なのか、容量の問題なのかまではトラブルシューティングしきっていない。

一度、Ubuntu 8.10 が起動してしまえば、後は楽で、無線LANの SSIDと暗号化の設定をした後、普通にハードディスクにインストールした。ハードディスクが 60GB もあるので、パーティションを分けてインストールした。驚いたと言うか、懸念していたディアルブートの問題は発生せず、WindowsXP も Ubuntu も正常に GRUB に設定された。
元々、Ubuntu 8.04.1 LST を入れたかったのは、8.10 用の新しいカーネルだと MAXIMA が異常動作起こすためだが、やはり、LOOX U でも異常現象が再発した。今まで、8.10 は AMD CPU のパソコンにしかインストしたことが無かったのだが、今回初めて ATOM とは言えインテルCPUにインストしたが、全く同じ現象が起きた。それにしても誰も MAXIMA 使っていないのかなあ、いつまでたっても直らないけど。

インストした後、Ubuntu 8.10 は動作するけど、多少の問題は出ている。グラフィックはデフォルトでは正常に表示できているが、それ以外の解像度の設定ができない。輝度や明るさの調節もできないし、消費電力制御も怪しい。ハイバネーションはうまくいくが、サスペンドは効かないので、Zaurus の代わりにするには、起動時間とかが厳しい。指紋認証も認識しないし、キーボードランプなども使えない。
これらトラブルの原因は、システム構成が新しすぎるために Ubuntu のカーネルではサポートしきれていないためのようだ。Fedora ではサポートされているようなので、Fedora に乗り換えるか、それとも次の Ubuntu 9.04 が出るまで我慢するかだろう。

また、解像度が細かすぎるので、ubuntu-mobile を試してみたが、動作が鈍くなるので、やめてしまった。ピュアな Ubuntu のままでフォントを大きく表示するように設定した方が速い。

このコンテンツ自体、LOOX U にインストした Ubuntu 8.10 上で書いているのだが、取り合えず問題は出ていない。一応、タッチタイピングできるし。無線LANを切った状態で、バッテリー駆動で3時間程度は使えそうだ。まあ、カタログスペックの半分だから予想の範囲内だ。もう少し電力コントロールが使えるようになったら、さらに駆動時間を延ばす方法もあるかも知れない。

E1362さて、LOOX U にした最大の理由のタッチパネルだが、既に使えててはいる。
Ubuntu 上でのキャリブレーションに戸惑ったが、何とか「システム」「システム管理」「Calibrate Touchscreen」で校正もできた。にも関わらず、大きな問題を抱えている。
イラストの右の絵のようにタッチペンで描いた絵はガタガタの線になるのだ。この絵は gimp で描いたのだが、そのほか gpaint や tuxpaint を使っても同様なのでアプリケーションの問題ではない。また、WindowsXP のペイントで描くと左の絵のようにチャンと描けるからハードの問題でもない。
つまり、悪いのは Linux のタッチパネル・ドライバだ。具体的にはタッチパネルの入力解像度が低くて段階的になっているだ。どこかに解像度の設定があるはずなのだが、まだ見つけていない。今後の大きな課題だ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 03, 2009

アトムの子ら

E135正月に勢いで超小型ノートPCを買ってしまった。
EeePC など、いわゆる5万円前後の格安ノートパソコンを買おうかと悩んでいたのだが、結局、富士通の FMV LOOX U/C30 と言う一ランク上の機種にしてしまった。
LOOX U/C30は、SONYの VAIO U や OQO などと並ぶ超小型モバイル機つまり UMPC で、重量500グラム前後と格安ノートパソコンの半分程度と極めて軽い。
本当は、以前のコンテンツに書いたようなもっと小さいタッチパネルディスプレイのみの超小型モバイル機があるなら、それを買ったのだが、残念ながら存在しない。現存するパソコンの中では、これら UMPC が最も理想に近いだろう。
(写真は、左が Zaurus、右が LOOX U。さすがに PDA である Zaurus の方が小さいが、一般的なノートPCに比べると小さい)

超小型モバイル機の中では LOOX U は比較的新しく、またオーソドックスなノートパソコンに近い構成を取っている。昨年モデルチェンジした時、流行に合わせて CPU に ATOM を採用したのは良かったのだが、OS が VISTA だったために動作が鈍かった。同じようにVISTAに苦しめられていたのはWILLCOMのD4も同じだと思うが、富士通の偉いところは、WindowsXPにダウングレードして出し直したところだ。これなら動作も速くなるし、安くなるし、買う価値ありだ。

と言う訳で、昨年12月26日に発売されたばかりの FMV LOOX U/C30 を買ってしまった。LOOX U の中では、最下位のグレードで、CPU が 1.33 GHz と低い他は、CMOSカメラがなかったり、無線LANが 11a 対応でなかったりと、まあ、どうでも良いことなので、これを選んだ。むしろ CPU が遅い分、バッテリーの持ちが長く、ノーマルバッテリーで6時間、大容量バッテリーで11時間以上なので、かえって都合が良い。

格安ノートPCではなく、FMV LOOX U/C30 を選んだ決定的な要因は、バッテリー駆動時間とタッチパネルだ。格安ノートPCは、例外的なEeePC901Xの8時間以外は、2〜3時間程度と短く、モバイル使用に適さない。また、現状、タッチパネルの付いた格安ノートPCはない。Zaurus の置き換えを狙う私にとって、タッチパネルは「下手絵」を描くために欠くことができない要因だ。なお、格安ノートPCにもタッチパネルを付加する自作キットがあるようだが、品薄で入手が困難な上、ちゃんと使えるか不安が残る。その上、結構値段が高く、結局、EeePC901Xに自作タッチパネルキットを足した値段とリスクを考えた場合、最初からタッチパネルの付いた FMV LOOX U/C30 の方が良いと判断した。

さて、実際に FMV LOOX U/C30 を使ってみると、Windows XP でも意外と使い勝手が良い。わずか 5.6 インチの画面に 1280x1024 と言う高密度表示なもんで、デフォルト表示のままだと、字とか小さくて見えにくいと言う以外、全く問題がない。
FMV LOOX U/C30 で使っている CPU は、同じ ATOM でも EeePC などで使っている N270 とは異なり、Z520 と言うタイプを使っている。この Z で始まる ATOM は、N で始まる ATOM より低消費電力型に作っている。また、チップセットも「インテル・コントローラー・ハブ、グラフィックはオンチップの GMA500 と言う聞き慣れない専用のものだ。インテルは、N で始まる ATOM を従来のモバイルセレロンなどの置き換え、Z で始まる ATOM をモバイル機や PDA、スマートフォン用として供給するつもりだった。実際には、N で始まる ATOM に 945 など古い世代のチップセットを組み合わせが格安ノートPCに使われ、Z で始まる ATOM の方が普及が進まず、値段的には Z の方が高価になっている。Z で始まる ATOM は、LOOX U と WILLCOM D4 と 工人舎の SC くらいしかなく、ちょっと将来に不安があるのだが、古いチップセットに組み合わせた ATOM よりはバランスが良いはずなので、購入に踏み切った。なお、ほぼ同じ構成で、少し重いが値段の安い工人舎 SC シリーズを買わなかった理由はワンセグだ。SC には全機種にワンセグが付いている。なんでモバイルPCにワンセグが要るんだ? もちろん、一部機種にワンセグが付いているオプションがあっても良いだろう。だが、全機種にワンセグを付ける必要があったであろうか? 格安ノートPCに勝つためにはワンセグのような付加機能に頼るのがベストと考えたのだろうか? そうだとすると消費者をなめているとしか思えない。

FMV LOOX U/C30 の使い勝手に戻ると、とてもプアなCPUを使っているとは思えないくらいサクサク動く。やはり VISTA から XP にダウングレードしたのは大正解だろう。また、何処にあるか知らなかったポインティングデバイス(液晶の左右の下にある)の使い勝手も良い。さすがにキーボードは小さいと言わざるを得ないが、なんとかタッチタイピングで入力可能だ。ただし、変則キー配置のため、「.(ピリオド)」が打ちにくいのは愛嬌か。

さて、Windows XP を褒めてばかりいるが、そもそも Windows なんて使う気はない。あっと言う間に Linux を入れてしまった。その報告もしたいが、既に異常に長文になっているので、次回に続く。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

« December 2008 | Main | February 2009 »