« 飛行機三昧 | Main | ザウルス生産停止 »

December 13, 2008

画面の小さいノートPC

E131UMPC とか NetBOOK とか、とにかく小さくて格安なノートPCが売れている。
私も欲しいと思うのだが、問題は携帯性と操作性だ。携帯性は可能な限り小型軽量で、バッテリー駆動時間が長ければ長いほどよい。一方、操作性に関しては、画面は大きいほど良く、キーボードやポインティングデバイスも大きくて、しっかりした作りほど良いのだが、これは明らかに携帯性やコストと相反する。大きくて立派な画面・キーボード・ポインティングデバイスは、大きく重く高価にならざるを得ない。

本当に操作性を求めるなら、大きくて重い画面・キーボード・ポインティングデバイスが必要なのだろうか?
通勤帰りの電車の中で、真向かいの席にノートPCを使った人が乗っていたのを眺めながら、思い付いたのがイラストである。
まず、UMPCの場合、多くは7〜8.9インチと小さな液晶画面を使っている。もちろん、これが低コストの理由なのだが、流石に電車の中のように、膝の上(太股の上が正確か?)にミニ・ノートPCを置くと、画面が小さくて遠くて見にくい。どうしても画面に目を近づけようと猫背になってしまう。
だが、良く考えると、ザウルスや携帯電話等を使っている判るがと、ミニ・ノートPCの画面は決して小さくない。ザウルスや携帯電話は顔に近づけて使うので問題ないが、ミニ・ノートPCの画面は遠くなってしまうことが本当の問題だ。しかし、ノートPCのように、キーボードと画面が直結していると、両手でタッチタイピング入力すると、どうしても画面が遠くなる。
それなら、むしろ、イラストのように画面だけを顔の近くに伸ばすようにすれば良いのではないか?

次に、キーボードだが、私の場合は手が小さいこともあり、必ずしもフルサイズのキーボードの操作性が良いわけではない。むしろ、キーピッチの狭いキーボードの方が好なので、ミニ・ノートPCのキーで構わない。
ただし、電車の中で膝の上に乗せると、キーボードが全体的に低く、その上、太股側が高く、膝側が低くなって使いにくい。私がノートPCを電車の中で使うとき、ある程度の厚さ持ったカバンを膝の上に置いて、その上にミニ・ノートを乗せるようにしている。だが、良く考えたら、ミニ・ノートが軽くなっても、「ある程度の厚さ持ったカバン」が重ければ、トータルで携帯性が悪くなっているのだから、意味がない。
そこで、ミニ・ノートPCのキーボード部分に脚を付けて、それを膝の間に挟むように置き、キーボードにある程度の高さと角度を付けるように考えた。

こう考えていると、今のように、ミニ・ノートPCのCPUやHDD・バッテリー等の本体がキーボードと一体化しているのは不利だね。高速データ伝送が必要な本体部分は画面と一体化した方が良い。キーボードとのデータリンクは、低速データだから、Bluetooth などで十分で、そうすれば、イラストのような構成にしてもハーネスの問題がなくなる。キーボードやポインティングデバイスなんて、Bluetooth 対応なら何でも良いので、好みに合わせて自由に選べる。

でも、イラストのように伸縮型の画面スタンド付けたら、大きく重くなるよねえ。
特に電車の中のように揺れると、ブランブランと揺れるだろうねえ。揺れないように頑丈に作ると、尚更、大きく重くなる。その上、コストも・・・・
ちっとも、携帯性や低コストにならないねえ。

結局、Bluetooth 対応のミニPC付きのヘッドマウントデスプレイの方が良いのかなあ?

|

« 飛行機三昧 | Main | ザウルス生産停止 »

Comments

ノートPCにアームをつけるより、エアバッグ(エア枕等)を持っていって、設置する高さ上げる方が楽だと思います。

Posted by: みーや★ | December 15, 2008 at 10:11 AM

みーや★さん、
確かに・・・
モバイルは、ヘッドマウントディスプレイにエア枕に乗せたBluetoothキーボードが究極の姿かも知れません。

Posted by: 野田篤司 | December 16, 2008 at 08:06 PM

片手用キーボードというのが一時期ありましたが、あれを手首に固定して、キーボードの裏に光学センサーをつけてしまえば、太ももの上でポイント、入力もそのまま可能ではないかと思います。

片手用キーボードを一歩進めて、グリップ型のキーボードというのも面白いかもしれません。
どうせブラインドタッチ前提ですし、指先で識別できる程度の小型ボタンを3列配置、親指をポインティングデバイスにすれば・・・
(ギターのコードを押さえるような入力方法になりますが)

ヘッドマウントディスプレイも友人と検討してみましたが、現行の物は両目で視界正面に投影されるので使いにくいのだと思います。
片目で、視界下部に映るようにして視界正面には何も無ければ、車内で使っていて慌てて降りる時でも困りません。

でも見やすさの究極は、HMDではなく、眼鏡に投影するHUDかも?

Posted by: みーや★ | December 17, 2008 at 04:23 PM

本体は小さい代わりにキーボードなんかおまけと思え、みたいなOQOを使ってますが、超小型タブレットってのはそこそこ行けますぜ。なにより、立った状態でも片手で本体を持って片手でタッチペンでいろいろ出来るので、膝上にノートPC開くほど奇異に見られない。

てことは、現在の最適解はiTouchになりますな。

Posted by: | December 18, 2008 at 01:29 AM

完全なブラインドタッチが前提ならば、手の甲か指に電極を貼り付けて、指の位置に対応する筋電流を取り出す方法がないでしょうか?キーボードそのものがなくなってしまうわけで、ひざの上で想像上のキー(エア・キー??)を押せばよいわけです。
テン・キー程度ならば可能性は?

Posted by: 趣味際人 | December 18, 2008 at 05:35 AM

一晩寝て、すでにPSP、NDSというデバイスが実用化され、一般に供されているのを思い出しました。
PSPのスイッチは2x2x4x4と十字キーと四つボタンに左右ボタンがあるので、原理上この組み合わせは64通り、何も押さない状態を抜いても63通りは行けるので、50音プラス濁音、半濁音、句読点の入力は可能、という理屈にはなります。

プレステのリモコンで文章入力できるようになればいいのかなあ。

 あ、ちなみに名前入れ忘れましたが、OQO使ってるってのも笹本の発言です。

Posted by: 笹本祐一 | December 18, 2008 at 11:54 AM

とりあえず、ニコン「UP」19日に発送という連絡が来ました

来たら何か面白いことができないかやってみます

Posted by: モりやま | December 18, 2008 at 06:12 PM

みーや★さん、匿名さん、趣味際人さん、笹本祐一さん、モりやまさん、ようこそ。

結構、皆様、色々なデバイスの情報や実際持っていたり予約したりしていますね。

私自身もPalmとZaurus、NDSは持っていますが、文章入力はフルキーが一番と言う結論に達しました。フルピッチは必要ないですが、フルキーと言うことで。

ポインティングデバイスなら、タッチパネルが最上なのは、同意です。

画像は、HMDは見たことあっても、HUDは無いので興味があります。
UPの方は、使う事があったら、ぜひ感想をお知らせください。

Posted by: 野田篤司 | December 18, 2008 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/43410449

Listed below are links to weblogs that reference 画面の小さいノートPC:

« 飛行機三昧 | Main | ザウルス生産停止 »