« Ubuntu 8.10 | Main | ツクモ頑張れ! »

November 03, 2008

ローカル線の旅

E120三連休に、ローカル線の旅に行ってきた。
「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」を乗り継いで、房総半島横断をしたのだ。

「小湊鉄道」は、内房(東京湾側)の五井駅から房総半島中央の上総中野駅までを結ぶローカル線で、そこから外房(太平洋側)の大原駅を結ぶのが「いすみ鉄道」だ。

「小湊鉄道」は、絵に描いたような古い古い2両編成のディーゼルカーで情緒がある。五井駅から乗ると、意外と観光客が多く、列車最後端に居る車掌(男性)以外に二人の女性車掌が車内を回り、乗車券販売をする(五井駅でJR内房線から、乗り越し清算なしで乗ってくる人が多い)など、盛況である。ほとんどの観光客は、終点一つ手前の養老渓谷駅で降りた。

「いすみ鉄道」は、ステンレス製(<=本文末に注記)の新しい一両編成(途中、2両目を追加したが)のワンマンカーである。情緒は無い。乗っている人は、観光客もおらず、ほとんど地元の人の足になっているようだ。車内の広告もほとんど無く、あるのは、自社の宣伝のインクジェットプリンターで印刷したような広告だけだ。一番大きな広告は「いすみ鉄道存続決定!」だった。

「小湊鉄道」の方が車両も古く情緒もあるので、今回のイラストにも使わせもらった。
だが、本当の本当に「ローカル線」なのは、「いすみ鉄道」の方だ。
ワンマンカーは、伊達ではない。本当に地元の人の生活に密着し、何とか節約して存続するための懸命の努力のあらわれである。情緒のある車両を維持する余裕はないようだ。
ガンバレ ガンバレ! 「いすみ鉄道」!!

ともかく、「小湊鉄道」にも「いすみ鉄道」にも、車窓から見える景色は自然がいっぱい、秋の房総半島を横断するスローな旅を満喫させてもらった。
ちょっと紅葉には早かったが、ゆったりとした休日を過ごすのには最適だ。
とは言え、今回私は、千葉県内から一歩も出ていない。さすが、千葉。

(注記)
いすみ鉄道の車両は、てっきりステンレス製だと思っていたら、ステンレスじゃなくて、ウレタン樹脂の塗料が、光って見えてるとの情報をいただきました。
お詫びして、訂正します。

|

« Ubuntu 8.10 | Main | ツクモ頑張れ! »

Comments

いすみ鉄道の車両は、ステンレスじゃないですよ。

ウレタン樹脂の塗料なので、光って見えてるのです。

Posted by: | November 04, 2008 06:51 PM

>ウレタン樹脂の塗料なので、光って見えてるのです。
や、そうなんですか!?
自分で撮った写真を確認して、確かにステンレスじゃないこと確認しました。
本文、修正しておきます。
どうも、情報有難うございました。

Posted by: 野田篤司 | November 04, 2008 08:51 PM

私も、家族連れで小湊鉄道~いすみ鉄道と乗り継いだことがあります。

> さすが、千葉。
ほとんど北関東の野田市関宿から、亜熱帯的な南房総まで、千葉県は広いですね。
気候からみると、関東以西の日本列島の縮図のようです。
小湊鉄道の駅は、上総中野以外の駅がすべて市原市に在ります。市原市も広い。

千葉市からみて放射状の路線を持つ小湊鉄道に対し、いすみ鉄道は、つなげる計画だった久留里線を含め、千葉市からみて環状の一部をなす路線で、沿線の町相互の限られた需要が中心です。多くのローカル鉄道と同様に、人や物の主要な流動方向から外れた不利な条件を抱えています。

Posted by: 津沢 | November 09, 2008 07:33 PM

津沢さん、
なるほど、小湊鉄道は、比較的房総半島の付け根に近い五井駅から鴨川辺りに向かっているのに対し、上総中野からの「いすみ鉄道」は、逆に戻って大原駅に行っているのは、変だと思って居たのですよ。
「いすみ鉄道」は久留里線と合わせて環状線と考えれば納得できます。道理で、放射状の小湊鉄道には観光客など乗客が多くて、「いすみ鉄道」には地元の人だけで乗客が少ないはずです。

Posted by: 野田篤司 | November 09, 2008 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ローカル線の旅:

» 第1回鉄道茶論 いすみ鉄道応援プロジェクト [筋鉄日誌]
11月15日、千葉県大多喜町 [Read More]

Tracked on November 17, 2008 11:54 AM

« Ubuntu 8.10 | Main | ツクモ頑張れ! »