« October 2008 | Main | December 2008 »

November 28, 2008

サイエンス

E127先週、東工大から東大と大学を梯子した。最近、週に一度程度の割合で大学に行くことが多い。
東工大も東大も、イチョウが色付き始めた。まだ少し早く緑色が残って居る。燃えるような黄色になるのも、あと少しだろう。(この話、先週の事なので、既に東工大も東大もイチョウが見頃になっているかもしれない)
仕事柄、サイエンティスト=科学者と話す機会が多い。私自身は、ブログの題名に「マツド・サイエンティスト」などと使っているが、正確には科学者ではなく、技術者=エンジニアである。

今年は、日本人が4人もノーベル賞を取った(1人は米国籍なので、日本籍は3人)。
めでたい話で、「日本の科学研究レベルも、ここまで上がったか」かと言えば、「4人共御高齢で、受賞の対象となった研究は30年も40年も前のもの。当時の日本の研究レベルが高かっただけの話で、今はそうでは無い」と言う批判もある。
何か、どっちの意見もピントを外しているように思えるのだが、どうなんだろう?

商売柄、私が良く会う科学者は、宇宙物理とか天文学とかの人が多いのだが、そう言った人達も、少ない予算の中で、一生懸命新しい発見とか観測とか、そう言ったものを研究したり、開発したりしている。私は、そう言った発見やら観測やらを主に人工衛星を使う方法についての手助けをしている訳だ。
「少ない予算」と言ったが、30年〜40年前の日本の経済状態と比べたら、今の方が余程恵まれているんじゃないかなあ・・・ もちろん、科学に対する予算は多いに越したことは無いのだけれど。

むしろ、問題は、世間の科学に対する不理解だと思う。若者の理科離れも、この不理解が原因だと私は思っている。

科学擁護派の人から、よく「若者の理科離れは大問題だ。科学技術立国の日本の将来に由々しき事だ」と言う意見が出るが、この意見こそが「科学に対する不理解」の典型だと思う。科学と技術を混同している。技術は役に立たないと何の意味も価値も無いが、科学の価値と「役に立つか、立たないか」は全くの無関係だ。だから、「日本の将来」に役に立つか立たないかで、理科離れ・科学離れを嘆くこと自体がナンセンスだ。明治のころの富国強兵と同じになっている。
そもそも、科学に対して、役に立つ立たないを語ること自体が失礼だろう。科学の価値は、唯一、知的好奇心が満たされるか否かだ。

それでも「科学と技術は密接な関係があるだろう」と言う意見がありそうだ。もちろん、「科学と技術」は密接な関係がある事自体は否定はしない。だが、それを言ったら、科学は技術以外の、文化とか経済とか、色んな分野とだって密接な関係がある。あまり知られていないかもしれないが、バッハを代表とする「バロック音楽」の「バロック」って、惑星の公転軌道を表す「楕円」って言う意味なんだ。実際、バッハは、ガリレオ・ケプラー・ニュートンのすぐ後の世代の人だ。

これ以外にも、科学に対する不理解とか誤解の例は山ほどある。が、これ以上書いたら、くどくなるのでやめておく(既に、十分くどい?)。

とにかく、私が思っている通りに、若者が理科離れする原因が世間、特に大人の不理解や誤解にあるのなら、残念で仕方が無い。

私が話をする科学者の人達は、皆、純粋に知的な好奇心を追い求めている。彼らが、わくわくするような発見をして、それに私の手伝いが少しでも役に立てたらと、望まずにいられない。そして、彼らの中の一人でも二人でも、何十年後にノーベル賞を取れたらなあ・・・と思ってしまう、俗世間的な私である。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

November 22, 2008

ミニチュア風 写真

E126ミニチュア風の写真を作ってみた(画像はクリックすると大きくなる)。
実は、本屋で「江ノ電 ミニチュア散歩」って本を見つけた。これは、本当の江ノ電をミニチュア風の写真に撮った写真集だ。この本の写真は、アオリとかが使える大判カメラで撮ったもののようだが、デジカメと画像編集ソフトで同じような写真を作れそうだと試したのが、今回の写真である。

ごく普通のコンパクトデジカメで、近所を走っている流山電鉄を撮った。この流山電鉄も相当のローカル線だ。
その写真を、フリーの画像編集ソフトの GIMP を使ってミニチュア風にした。方法は、雑誌とかネット上を探せば、すぐ判ると思うので、ここには書かないが、すごく簡単だ。

流山電鉄が Nゲージ風に見えれば、成功だ。
ちょっと楽しい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 19, 2008

「Ubuntu 8.10 Desktop 日本語 Remix CD」をインストールしたら、デュアルブートできなくなった人のために

E125どうやら、Ubuntu 8.10 Desktop 日本語 Remix CD をインストールすると、デュアルブートができなくなる不具合は、私だけではなく、共通的に起きているようなので、対処方法を記することにする。
本来は、元々のCDを早く修正して欲しいのだから、対処療法だ。
必ずしも下記の方法で対処できるか、確認しきっていないので、あくまでも自己責任でお願いしたい。

まず、インストールしたパーティションから、起動した状態で、/boot/grub/menu.lst を編集する。
編集は、どんなエディタを使っても良いのだが、root 権限で無いと編集できないので、下記のように vi を使うなどして、編集してほしい。

sudo vim /boot/grub/menu.lst

/boot/grub/menu.lst の中に、下のような6行がある。(最初の行の最後は「/dev/sda1」だよ、注意して)

title		Ubuntu 8.10, kernel 2.6.27-7-generic (on /dev/sda1)
root		(hd0,0)
kernel		/boot/vmlinuz-2.6.27-7-generic root=UUID=<< この部分省略 >>
initrd		/boot/initrd.img-2.6.27-7-generic
savedefault
boot

これを、下記のように書き換える。(下記は、一番最初のパーティションに Windows が入っている例)

title		Microsoft Windows XP Home Edition
root		(hd0,0)
savedefault
makeactive
chainloader	+1

これで、次回の起動から、Windowsも起動できるようになる・・・と思う(少なくとも私の環境では起動できた)。試していないが、XP だけじゃなくて、VISTA でも起動できるようになる・・・・と思う(私はVISTAは持っていないので、で残念ながら試していない)。
しかし、インストールしたばかりの人に、いきなり vi を使えと言うのだから、この方法は、初心者向きではない。

全く別の方法としては、Ubuntuの日本語環境 方法2・Japanese Teamのパッケージレポジトリを追加するを参考に、英語版の Ubuntu 8.10 をインストールした後、日本語アプリなどを追加する方法もある。この方法だと、menu.lst を編集することなく、デュアルブートできるようになるし、マルチブートもできる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2008

女流一眼?

E124昨日の日曜日、妻と家電量販店に行った。直接の用事は、電気ストーブを買うことだったのだが、ストーブを買った後、デジカメ売り場で、DMC-G1 を見つけた。例のマイクロフォーサーズである。
実物を見るのは初めてなので、手に取ってみたり、構えたりみたりした。作りは悪くないし、操作性もそこそこ良さそうだ。
だが、疑問が浮かんできた。パナソニックは、このカメラを「女流一眼」と呼び、女性用として広告している。が、本当に女性向きなんだろうか?
一緒に居た妻に意見を聞いてみたのだが、私と同じような意見だった。このカメラ、小さい割に、意外とゴツゴツして男っぽい形状なのだ。グリップは太く、やや小柄の我が妻には大きすぎて握りにくく、全体的に厚みがあって、バック等に入れるには邪魔だと言う。

誤解の無いように断っておくが、私は、女性には性能が低くても小さく軽いカメラで十分だなんて決して思って居ない。我が妻も我が娘もニコンF3でピントも合わせれば、単焦点レンズで足を使って構図を決めて写真を撮ることができる。彼女らは、私より良い写真を撮るし、また、良い写真を撮るためにはF3のようなゴツいカメラが良いことも理解して居る。妻や娘だけではなく、ニコンやキャノン、コンタックスの本格カメラを使って居る女性も知って居るし、それどころか中判カメラを愛用して居る女性も知って居る。

パナソニックの「女流一眼」と言う広告には全く理解できない。広告に「女流」と言う言葉で、小さくて性能の低い事の言い訳に使うのなら、それこそ女性にも、設計した技術者にも両方に失礼な話であろう。
正直、DMC-G1 のデザインを見て居ると、女性じゃ無くて男性に受けると思うよ。それほど男っぽいデザインだ。

だが、文句ついでに言わせてもらうと、それでも DMC-G1 は中途半端だ。D40 や Kiss と並べて見ても驚くほど小さい訳ではない。フランジバックが半分になったのに、厚みがあり過ぎる。画素数も多過ぎだ。このサイズで D3 に匹敵する 1200万画素が必要なのか? マイクロフォーサーズには 600 万もあれば十分だろう。
思い切って、ペンタックスのオート 110 くらい小さくすれば良いのに。

パナソニックやオリンパスが嫌いで、こんなことを言って居るのではない。既にブログで何度も書いたように私はペンEからのオリンパス・ファンだし、今使って居るのはパナソニック DMC-FZ1 だ。あくまで、好きだから期待をして居るからこそ、苦言を呈す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2008

Ubuntu で Bluetooth で ヘッドフォン

E123また、友人に借りて、Bluetooth の ヘッドフォンを試してみた。

週刊 ASCII別冊の「Ubuntu 2」に Ubuntu 8.04 に Bluetooth の ヘッドフォン(記事中では「ステレオレシーバー」)を接続する記事が載っていたので、そのまま試したら、動作した。残念ながら、 Ubuntu 8.10 では動作しなかった。認識はしているようなので、ちょっとした設定方法の違いだけだと思う。

不思議なことに Rhythmbox(オーディオプレーヤー)や Totem(動画プレーヤー)だと、Bluetooth ヘッドフォンから、サウンドが出るのだが、Amarok(オーディオプレーヤー)、MPlayer(動画プレーヤー)、Kaffeine(動画プレーヤー)は、Bluetooth ではない普通のサウンドシステムから音がする。Firefox + Flash に至っては、 Bluetooth の ヘッドフォンからも普通のサウンドシステムからも全く音がしない。

Rhythmbox 等で使っている限り、 Bluetooth ヘッドフォンは音飛びもせず、なかなか良好だ。A2DP対応だからか? これでリモコン(AVRCP)も使えれば、それなりに使えそうな気もするんだが。

まだまだ、Bluetooth ヘッドフォンも、もうちょっと将来のものかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ubuntu 8.10 クリーン・インストール

E122先週末に、Ubuntu 8.10 を入れてみたことは報告済みだが、あの時は 8.04 からのアップグレードだった。今回は、真っ新の状態からのクリーンインストールに挑戦した。
Ubuntu も 8.10 になって、インストールは簡単だったなあ・・・と言いたいところだが、そうはいかなかった。理由は、私の場合、イラストのように一つのハードディスクに沢山OSをインストールして、マルチブートしているためかもしれない。それにしても、今回の。「Ubuntu 8.10 Desktop 日本語 Remix CD」には手を焼いてしまった。

そもそも、最初に「Ubuntu 8.10 日本語ローカライズド Desktop CD」を探してしまった。それが「Ubuntu 8.10 Desktop 日本語 Remix CD」に名前が変わったんなら、もう少し分かり安く表示して欲しい。いや、もちろん、Ubuntu 8.10 Desktop 日本語 Remix CD リリース の一番下に書いてはあることは書いてあるんだが。

次に止まったのが、「Ubuntu 8.10 Desktop 日本語 Remix CD」の GRUB 設定回りだ。
マルチブートだと、Ubuntu 8.10 日本語 Remix 以外のパーティションの起動メニューの設定が滅茶苦茶になる。 デュアルブートの場合、試していないから、もしかしたら、Windowsと二つだけのデュアルブートなら上手く行くかもしれない。誰か試したら教えて。
英語版の Ubuntu 8.10 でも、Kubuntu 8.10 でも、全てのパーティションの起動メニューは正常に設定される。すごいんじゃなくて、これが当たり前。 「Ubuntu 8.04 日本語ローカライズド Desktop CD」でも、「Debian Linux etch」 でも、そうなる。
それから、今まで、Debian Linux etch の grub で起動していたが、どうやっても 8.10 は起動できない。Debian Linux etch の grub から、8.04 は起動できたんだが。grub のバージョンのせいかもしれない。Ubuntu 8.04 の grub で 8.10 が起動できるかできないかは試していない。
結局、パーティション 7 と 8 に Ubuntu 8.10 日本語 Remix をインストした後、パーティション 6 に、Kubuntu 8.10 をインストして、その grub から全てのパーティションの OS を起動するようにした。

クリーン・インストしたせいか、アップグレードした時に起きたパネルの設定が変わる不具合は出なかった。一方、ウインドウの装飾の色が時々変わる方は、再発している。特に GeForce 用のドライバを入れてから出ているような気がするので、グラフィック・ドライバが原因かも・・・。これは、GeForce 用のドライバ の 173 でも 177 でも同様の不具合が起こる。

その他は調子は良い。壁紙が変わったのは、ちょっと残念だが。

ところで、Kubuntu の方だが、8.10 になって、KDE4 がデフォルトになった。8.04 までは、KDE3 がデフォルトだった。8.04 でも、KDE4 が使えない訳ではなかったが、正直、実用になるレベルじゃなかった。
8.10 の KDE4 は、だいぶ良くなって、実用として使えそうな気がする。まだ、 日本語 Remix 版は無いが、英語版の Kubuntu 8.10 でもインスト事に、日本語を設定すると、それなりに日本語表示になる。これに IPA などの日本語フォントなどを追加すると、さらに良くなりそうだ。
KDE4 は、Vista や Mac OS 風の新しいデスクトップ。格好が良いのだが、やや、重いのが気になる。 8.04 では、ほとんど gnome しか使わなかったが、8.10 では、KDE も使おうかと思う。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

November 04, 2008

ツクモ頑張れ!

E121ちょっと、時期を逸した感があるが、遅れたとは言え、やはり書かねばなるまい。
ご存知のように、ツクモが先週木曜日に民事再生法の適用を申請した。営業は続けるそうだが、店舗の縮小など止むを得ないのだろう。だが、なんとか頑張ってほしい。

私は、格安(?)静音サーバーのハードディスクでも書いたようにツクモを良く利用している。実は、この格安静音サーバーのパーツの8割はツクモで買ったものだし、格安ノートPCに ubuntu をのノートPCもパソコン購入のデスクトップPCも丸ごとツクモで買ったものだ。もちろん、TVキャプチャーもツクモで買った。
これだけお世話になっているのだから、たかが個人のブログとは言え、微力ながらエールを送らなければ義理がすたると言うものだ。(とは言え、私が安いものばっかりツクモで買うから経営が大変になったのだ・・と言われる)

本当に、ザ・コンなき後、ツクモは良く利用している。ツクモは安い割に品揃えが良く、ちょっと変わったものも売っているし、店員の対応も良いので、良く使っている。正直、安いパソコンやパーツ類は、ほとんどツクモで買っている。一方、高いパソコンや iPod などは、ヨドバシとかソフマップで買っている。う〜〜ん、やっぱ、ツクモで高いもの買わなかったのが良くなかったのかなあ・・・

パソコン以外にも、ロボットなど変わったもの売っているので重宝している。もちろん、秋葉原に沢山ある小さなパーツ店にも変わったものを扱っている店もある。でも、その中ではツクモは比較的店舗が大きく品数が多いから好きだ。

秋葉原も、華やかな面もある一方、ザ・コンやロケットも閉まったし、サトウやT-ZONEなど縮小した店も多い。
なんとか、ツクモには頑張って欲しいものだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 03, 2008

ローカル線の旅

E120三連休に、ローカル線の旅に行ってきた。
「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」を乗り継いで、房総半島横断をしたのだ。

「小湊鉄道」は、内房(東京湾側)の五井駅から房総半島中央の上総中野駅までを結ぶローカル線で、そこから外房(太平洋側)の大原駅を結ぶのが「いすみ鉄道」だ。

「小湊鉄道」は、絵に描いたような古い古い2両編成のディーゼルカーで情緒がある。五井駅から乗ると、意外と観光客が多く、列車最後端に居る車掌(男性)以外に二人の女性車掌が車内を回り、乗車券販売をする(五井駅でJR内房線から、乗り越し清算なしで乗ってくる人が多い)など、盛況である。ほとんどの観光客は、終点一つ手前の養老渓谷駅で降りた。

「いすみ鉄道」は、ステンレス製(<=本文末に注記)の新しい一両編成(途中、2両目を追加したが)のワンマンカーである。情緒は無い。乗っている人は、観光客もおらず、ほとんど地元の人の足になっているようだ。車内の広告もほとんど無く、あるのは、自社の宣伝のインクジェットプリンターで印刷したような広告だけだ。一番大きな広告は「いすみ鉄道存続決定!」だった。

「小湊鉄道」の方が車両も古く情緒もあるので、今回のイラストにも使わせもらった。
だが、本当の本当に「ローカル線」なのは、「いすみ鉄道」の方だ。
ワンマンカーは、伊達ではない。本当に地元の人の生活に密着し、何とか節約して存続するための懸命の努力のあらわれである。情緒のある車両を維持する余裕はないようだ。
ガンバレ ガンバレ! 「いすみ鉄道」!!

ともかく、「小湊鉄道」にも「いすみ鉄道」にも、車窓から見える景色は自然がいっぱい、秋の房総半島を横断するスローな旅を満喫させてもらった。
ちょっと紅葉には早かったが、ゆったりとした休日を過ごすのには最適だ。
とは言え、今回私は、千葉県内から一歩も出ていない。さすが、千葉。

(注記)
いすみ鉄道の車両は、てっきりステンレス製だと思っていたら、ステンレスじゃなくて、ウレタン樹脂の塗料が、光って見えてるとの情報をいただきました。
お詫びして、訂正します。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Ubuntu 8.10

E119Ubuntu のバージョンアップが予定通り、10月30日に行われた。10月30日と言っても、英国時間の10月30日だったので、日本では10月31日だったような気がする。

ともかく、早速、新バージョンの 8.10 を入れてみた。新規でインストールしたのではなく、バージョン 8.04 をこのページ通りにアップグレードしただけだ。
インストしてあるアプリケーションなどの状態によって異なるのだろうが、私の場合、1200以上のパッケージをダウンロードする必要があった。8.10 リリースして最初の週末だったためにサーバーへのアクセスが集中したせいか、ダウンロードは何回か失敗したが、再チャレンジしたら、前にダウンロードした分は有効なので、3回目位には全てのアップグレード対象のファイルをダウンロードし終わり、後はインスト。ほとんどインストーラーに任せっ切りで、約2時間ほどで、アップグレードは終了した。サーバーが空いていれば、たぶん1時間以内に終わると思う。

で、完璧!!と言いたいところだが、パネルの設定が変わるとか、ウインドウの装飾の色が時々変わるなど、ちょっと気に入らないところもある。とは言え、それは、以前からのユーザーだけの話で、アップグレード後、新規に作ったユーザー環境だと問題にならないので、一体何のせいかは不明である。

良くなった点は、「ubuntu で SSH が」の記事で書いていた無線LAN使用時のSSHの異常が治った事だ。あと、カーネルが新しくなったため、パフォーマンスが良くなったようだ。後者に関しては、厳密に測定した訳ではないので、自己暗示かもしれない。
だが、少なくとも遅くはなっていない。
バージョンアップすると、機能が多くなっても、遅く重くなるOSが多い中で、Ubuntu は、なかなの正常進化である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »