« June 2008 | Main | August 2008 »

July 26, 2008

格安(?)静音サーバーのハードディスク

格安(?)静音サーバーの続き。

HDDが余り熱くなるのと、音がうるさいので、HDDケースに入れることにした。
本当は、 SMART DRIVE と言うのが良いらしいのだが、高いので、 OLIOSPEC で DECA HADES HDCS-01(リンク先の写真上側)を 1480円 で購入した。
冷却性が良くなるように、千石で熱伝導シートも買う。

流石に温度も安定したようで、HDD内部温度を測定したら、37度前後で落ち着いた(HDDケースに入れる前のHDD 温度は計測していない)。


と、この状態で安定したようなので、しばらく使っていたら、いきなり、HDDが壊れた。
電源を入れても、ウンともスンとも言わない。モーター音だけじゃなく、SATA での信号も反応なしだ。

HDD温度が高いときだったら、それが原因だったかもしれないが、HDDケースに入れた後は、37度前後なので、温度による故障じゃないよねえ。

困ってしまって、購入したツクモの中古売り場に持って行ったら、チェックの後、購入した時の 6780円を現金を返してくれた。購入から 30日以内だったので、保障期間だったのだ。
その 6780円を持って、同じくツクモの今度は新品のHDD売り場へ。なんと、同じく 6780円で、新品の500G HDDが売っているではないか。即購入。

帰ってきて試してみると、吃驚。
まず、モーターの回転音が小さい。最初、電源入れたときに、「また壊れているんじゃないか?」と勘違いしたほど、モーター音が小さいのだ。
次に発熱が少ない。厳密に計測したわけじゃないけど、触った感じで明らかに判るほど、以前のHDDよりも発熱量が少ない。

どうも、中古で購入した 500G HDD は、500G が可能になったばかりの時代の製品のようで、技術的にかなり無r費をしていたようだ。それに比べて、新品は、技術的にこなれてきているので、モーター音も発熱も少なくなっている様だ。

う~~ん、こう考えると、中古品購入も考え物だなあ。
結局、昔の技術的に無理をした製品だと発熱が多かったり、音がうるさかったり、当然、消費電力が大きいし、また、故障しやすいかもしれない。
それに比べて、新品なら、その辺の問題は解決している上に、保障だって効く。今回、購入しなおしたHDDは、新品だから、1年間の保障になっている。
値段が同じだったり、さほど変わらなかったら、中古よりも新品を選ぶべきなんだなあ。特に HDD のように回転部分のあるようなパーツについては。

結局、中古で購入した HDD の故障原因は判らなかったが、「中古だからしょうがないでしょ」と言うことになってしまった。まあ、幸か不幸か、忙しくて、あまりデータをHDDに入れていなかったせいで、実害は無かったし、同じ値段のまま、中古が新品に代わって、音と熱が少なくなって、その上、保障期間が30日間から1年間に延びたのだから、良しとするか。


ところで、読んでいる人の中に、「ツクモばかりに行くんだな」と思った人は正解である。
ザ・コンなき今、ブランド系のパソコンとか iPod は ヨドバシで、メーカー関係なしのパソコンやパーツ類は ツクモで買うことが多い。
ただし、秋葉原で利用する回数は、秋月が圧倒的に多い。使う金は少ないが。
品数で言えば、鈴商、マルツパーツ、ヒロセパーツ等の方が多い。
なかでも、千石はダントツだろう。と言っても、品数が多いのは、一個10円の抵抗とかを沢山買っているので、あまり、お店の経営の貢献にはなっていないだろうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2008

格安ノートPCに ubuntu を

自己レス
2008年7月26日にUbuntu 8.04.1 日本語ローカライズド Desktop CD がリリースされた。
多分、これを使えば何も問題がない。(無線LANを使うには、まず有線で繋いでおいてから設定する必要があるが)
僅か3日で情報が古くなってしまった


自分のPCではないのだが、格安のノートPCにubuntuを入れた報告。

ツクモでノートPCを買う。モバイルではなく、省スペース機としてノートPCを探すと、格安のものが多い。
今回は特に安かったので、HPのDV2805/CTを 59,800 円で買う。
なんと、この値段で、CPU は 2.0 GHzのSempron、メモリは1GB、HDDは120GB、その上、DL対応のDVD書き込みドライブやVGAwebカメラ まで付いている。
問題といえば、OSがVistaな事くらいである。(ダウングレードは非対応)

これにubuntuを入れてみる。日本語ローカロイズドの 8.04 を入れたら見事にこけてしまった。
理由は、ネットワーク。このノートPC、格安パソコンにありがちな構成で、CPUにAMD、チッブセットに NVIDIA を使っている。チップセットは NVIDIA MCP67Mで、その実体はNVIDIA GeForce 7150M + nForce 630M なのだが、このチップセットに乗っている有線LANのネットワークアダプタに、ubuntu 日本語ローカロイズドの 8.04 のカーネル 2.6.24-16 が対応していないことだ。無線LANについては、BroadCom を使っているらしいのだが、このドライバは、GPLではないため、一度 ubuntu をインストールしてから、後でネットワーク経由でドライバをインストしないと使えない。
つまり、有線LAN非対応のカーネルだと、無線LANのドライバがインストできないので、いつまで経ってもネット接続できない状態になる。

そこで、日本語ローカライズを諦めて、7月3日にリリースされたばかりの最新マイナーアップデート版 Ubuntu 8.04.1 をインストすることにする。これは日本語版じゃなくて英語版。英語版でも使用する言語を日本語にすれば、普通に日本語が使える。
Ubuntu 8.04.1 を入れるとカーネルは、2.6.24-19 だった。16から19の、どの時点で NVIDIA チップセット上のネットワークアダプタに対応したのか判らないが、とにかく、有線LANが使える。ubuntu をインストした後、ネットワーク経由で、BroadCom のドライバをインストすると、無線LANを使えるようになった。
ついでに、NVIDIA のグラフィックドライバもインストしたら、解像度も上がったし、CompizFusion も意外とストレス無く動く。
VGAwebカメラに至っては、何の設定も必要無しに動く。

ただ、日本語ローカロイズドに比べると、IPA フォントも無いし、設定が微妙に違うので、ちょっと使いにくい。でも、ネットワークが使えないよりはましだし、それなりに使えるから良いかあ・・・

と、思っていたが、一日経って、頭を冷やして考えたら、カーネルのバージョンだけの問題なら、もっと良い方法があることに気付いた。最初に日本語ローカロイズドの 8.04 を入れた後、最新カーネルの deb パッケージを CD-ROM とか USB メモリ経由で持ってきてカーネルだけアップデートしてしまえば良いんだ。有線LANが使えるようになったら、無線LANも使えるようにできるし、ネット経由で OS をアップデートすれば、8.04.1 相当までアップグレードできる。まだ、実際に試したわけじゃないけど、これで動くと思う。

と言うわけで、格安ノートPCに ubuntu を入れた時の情報を報告した。HP にのみならず、最近の格安 PC だと同じような構成が多いので、参考になるかとは思う。
もちろん、 Ubuntu 8.04.1 の日本語ローカロイズドが出たり、8.10 の日本語ローカロイズドがリリースされれば、それを入れればよいのだから、それまでの短期間しか役に立たない情報だろうけど、何かの足しになれば幸いである。

後は、Vista が付属せずに、もっと安くなったら、さらに良いのだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2008

格安(?)静音サーバーに挑戦

E107いよいよ、静音サーバーも本格的になってきてしまった。前回に続き、ファンレス静音電源とハードディスクを買い足し、主要部品はそろった。
写真は、主な構成品だ。前回も伝えた通り、マザーボードは VIA EPIA LN10000EG で、オンボード CPU はファンレス C7 1GHz、ツクモの中古売り場で 7999円で購入したもの。ハードディスクは一般的な 3.5インチ シリアルATA 500GB で、同じくツクモの中古売り場で 6780円で購入。
静音電源は、OLIOSPEC で、8480円購入した picoPSU-120WI-25V と言う新品。なお、これには、別途、12-25V の AC アダプターが必要で、これには昔使っていたノートパソコンの電源を流用している。
前回も伝えたように、メモリも別のパソコンで以前使っていた DDR2 512MB の流用品。

マザーボードも電源もファンレスなので、回転部は HDD だけ。流石に静かだ。その上、未だ設定していないが、24時間連続稼働でも、待機中は HDD を富めておけるはず。
少なくとも題名通り「静音サーバー」にはなりそうだ。
「格安」の方は、新規の買いものだけで、2万3千円を超えてしまったので、「格安」とは言えなくなってしまったが。

サーバー用途なので、Debian Linux etch を、GUI 無しでインストール。インストの時だけ、別途、CD-ROM を接続した。一度、ベースシステムがインストできれば、後は、ネットワーク経由でアップデートできるので、CD-ROM は不要になる。
ついでに、Xen もインスト。さてはて、どうなるか?

次は、ケースだが、最初に述べたように、これは、自作を考えている。
ファンレスとは言え、思いの他、マザーボードも HDD も発熱するので、通気性の良いケースが必要だ。
できるだけ、安くあげたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »