« 【人類は宇宙へ飛び出そう まずは小惑星から】 第6章『これから、やるべきこと』 | Main | Ubuntu 昇格 »

May 15, 2008

関数電卓を買う

長いこと使っていた関数電卓が壊れた。
少し、括弧を多用する計算をすると異常になる。
9×(1+1÷(1+8))=
等と入力すると、二つめの「(」を入力したときにエラーが出る。
こんな壊れ方は聞いたことがない。これまで、電卓が壊れるのは液晶にひびが入ったように、物理的に壊れることだけで、今回のように計算途中でエラーが出るような事は初めてだ。長いこと使っていたので、今までも括弧を多用した計算をしていたはずなので、最初から異常だったはずは無い。また、括弧を2つ以上使わなければ正常に計算できる。とすると、構文解釈で必要となるスタックと言うかメモリー領域が壊れたんだろうか? とは言え、実際はCPUを使ってプログラムを走らせているのだろうから、物理的にメモリーがあるとも思えず、首をひねるばかりである。

とにかく、使えなくなった電卓を後生大事にしていてもしょうがないので、新しい関数電卓を、東京に出たついでに秋葉原で買った。

HP35sが良いと言う人もいたし、ラジオデパートに在庫があることも確認したのだが、普通の日本のメーカーのものにする。
私は、太陽電池式の電卓は使わないので(理由は、電卓で行う軌道解析・制御設計を)、最も安いシンプルなものにしようと見ている内に、ちょっと500円だけ贅沢をして、1980円の電卓を買った。
いや、しばらく、見ないうちに電卓も進歩したものだ。プログラミング機能こそないものの、分数やルート三角関数がそのまま入力でき、その上、微分積分、連立方程式まで解ける。もちろん、微分や積分や方程式の解と言っても数値計算だけで、Mathematicaのような数式処理(私の場合、フリーのMaximaの方が良く使う)ができるわけではないが、それでも十分である。ニュートン方を使って、任意の方程式の近似解まで求まる。いやはや、大したものだ。これで、1980円とは安い。少し、大きくなったのが残念ではあるが。

う〜〜ん、次に買い替える頃(10年くらい先?)には、数式処理もできるようになるかなあ。
それともネットワーク機能が加わるか!?
(だんだん、電卓じゃなくなってくる)

|

« 【人類は宇宙へ飛び出そう まずは小惑星から】 第6章『これから、やるべきこと』 | Main | Ubuntu 昇格 »

Comments

いつも楽しみに読んでいます.
私も関数電卓を買い換えようと考えています.参考に野田さんが今回購入した機種を教えていただけますか?
また,物理定数がメモリーされている電卓は業務に役立ちますか?

Posted by: Ph@ntom | May 17, 2008 at 07:20 PM

Ph@ntom さん、よろしくお願いします。
特定メーカーの製品を宣伝するようになるのも変かと本文中では製品名を明記するのは避けましたが、それも親切ではありませんね。反省します。

今回私が買ったのは、CASIO fx-370ES で、秋葉原のヨドバシカメラでです。
物理定数は、あれば便利だと思いますが、私の場合、普通の人が使わない、地球の質量とか重力定数、赤道半径などで、こう言ったものがメモリーされているような電卓にあったことがないので、良く判りません。
どうも特定分野に特化したようになっていると便利なんでしょうが、私のような業種の人相手だと小人数過ぎて、商売にならないのでしょうね。

Posted by: 野田篤司 | May 18, 2008 at 06:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/41219506

Listed below are links to weblogs that reference 関数電卓を買う:

« 【人類は宇宙へ飛び出そう まずは小惑星から】 第6章『これから、やるべきこと』 | Main | Ubuntu 昇格 »