« ロケット設計 CGI | Main | 『エンジニアのための時間管理術』と『Sunbird』 »

March 16, 2007

IPS (恒星間測位システム)

野尻抱介氏のSF小説「沈黙のフライバイ」に出てくる IPS (恒星間測位システム)について、説明する。

この作品、1998年に書かれたものだが、IPSについての当時の検討を何処にも発表も公開もしていないので、あらためてここに記する。

IPS の目的は、「鮭の卵」のような小さな恒星間探査機のナビゲーションのための位置決定である。
そのため、まず電波の往復時間を測って距離を求めることはできない。小説「沈黙のフライバイ」の設定のように10光年離れた場合、往復で20年もかかってはナビゲーションに使えないからだ。従って、GPS のように一方通行の電波のみを使って、位置を求める必要がある。
また、受信側は「鮭の卵」のようにリソースが限られる。従って、可能な限り受信側をシンプルに作れるような仕組みが必要だ。「鮭の卵」は恒星間探査船だが、エネルギー源は太陽電池のみで、目的地の恒星に近付いて始めて電源が入る。その間は電源が切れた状態なので、時計を動作させ続けることはできない。つまり、正確な時刻を知らない状態から、始めなければならない。

E0841図1
IPS は、図1のように、2つの惑星に、それぞれ2つ、合計4つの衛星から構成される。(図1は、小説「沈黙のフライバイ」の設定に合わせて、恒星レッド・ドワーフと惑星トーリンとドワーリンにしている。私の元々の設定は、太陽・地球・海王星だ)

図2に、惑星の公転軌道面への投影図を示す。図2には、レッド・ドワーフと惑星公転面に垂直な軌道を持つ2つの衛星は省略している。


図2左上のトーリンを回る衛星から「鮭の卵」に行く電波に注目して欲しい。「鮭の卵」で受ける電波の周波数は IPS の位置によって、ドップラーシフトが起きていることが判るだろう。衛星が近付いてくる時は周波数が高く、離れている時は周波数が低い。
ドップラーシフトの時間変動率に注目すると、周波数が中間の時(図2の赤い矢印で示した場所)が、最も激しい。

E0842図2

この最も激しくドップラーシフトが変化する時の IPS の位置が判れば、トーリンから、その方向の先に「鮭の卵」が居る。正確に言うなら、ドップラーシフトが変化する時の速度ベクトルに対して垂直な面内に「鮭の卵」が居ることになる。(小説の中では、ドップラーシフトが最大になる時の接線方向と書いてあるが、実際はドップラーシフトの変化率の方が正確に測定できるので、こちらを用いる)

実は、この方法は、「のぞみ」や「はやぶさ」などの惑星間探査機の位置決定の時に用いる方法の応用だ。惑星間探査機の場合、臼田のアンテナから出る電波が探査機を往復したドップラーシフトを用いる。臼田のアンテナは衛星軌道を周回してはいないから、地球の自転を利用している。現在の技術として、この方法で、百万分の1ラジアンと言う高い精度で、角度を測定できる。

「鮭の卵」は、トーリンとドワーリンからの角度が判るので、三角測量の応用で、距離が判る。また、惑星公転面と垂直な2つの IPS の角度情報と合わせて三次元的な位置を決定することができる。

実は、IPS は3つの衛星があれば、三次元的な位置の決定が可能である。だが、これは受信側すなわち「鮭の卵」が極めて安定性の高い時計を持って居た場合の話である。実際には、安定性の高い時計を持つことはできない。そこで、一つ多い4つ衛星の信号を用いることで、正確な時計が無くても、位置を計算することができる。

実際に、どの位の精度で衛星の位置を決定できるか、計算してみた。
レッド・ドワーフから太陽系までの距離を10光年(100兆キロメートル)、トーリンとドワーリンの距離が、海王星までの距離と同じ 30 AU つまり45億キロメートルとする。

角度精度が、百万分の1ラジアンとすると、距離方向の誤差が 2.2光年(22兆キロメートル)、横方向の誤差が1億キロメートル(0.67 AU)だ。

どうだろう?
良い精度だと思うだろうか?悪いと思うだろうか?
実は私は「意外と良いなあ」と思った。

とは言え、百万分の1ラジアンと言う角度精度は、現在の技術で可能なレベルであり、IPS が未来の技術と考えれば、2〜4桁位精度が向上しても、おかしくは無い。
例えば、角度精度が2桁向上すれば、距離方向の誤差が 0.022光年(2200億キロメートル)、横方向の誤差が100万キロメートルになる。
角度精度が、さらにもう2桁向上すれば、距離方向の誤差が 0.00022光年(22億キロメートル、15AU)、横方向の誤差が1万キロメートルになる。

もちろん、何処まで行っても誤差は残るので、目的地の恒星自体を使った天測による補正は必要だろう。

と、ここまでは、約十年前に考えた事である。
今考えてみると、ドップラーシフトだけではなく、IPS の位置情報も使う方が良いかもしれないとか、全然違うところにもう幾つか IPS 衛星を配置し、搬送波レベルまで同期させて、「逆VLBI」させた方が角度精度があがるだろうなとか、IPS のバリエーションも星の数ほどありそうな気がしてきた。少なくとも IPS 間の距離があるほど精度が良くなるから、もっと距離を離す工夫は必要だろう。

余談
「鮭の卵」は、後日談がある。
その後の検討の結果、光速の15%と言う超高速に加速するのに、レーザー光が使用できる可能性があることが判った。
笹本祐一氏のSF小説「星のパイロット4」『ブルー・プラネット』のラストシーンで、マリオとスウの二人がラグランジュ2で見送っているのが、レーザー光で加速するバージョンの「鮭の卵」である。

|

« ロケット設計 CGI | Main | 『エンジニアのための時間管理術』と『Sunbird』 »

Comments

Laser で加速して相対論効果も入れたやつは 1998.5 に書いた「Laser 推進ロケット」があるけど、渡してなかったっけ?
たぶん、歌島さんにも HTML を渡してあると思うけど・・

Posted by: hirota | March 19, 2007 05:32 PM

hirota さん、
一応、見付けました。
けど、今回の「鮭の卵」は、光速の13から15パーセントですので、相対論効果は、あまり影響ないと思うのですが・・・

Posted by: 野田篤司 | March 21, 2007 07:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IPS (恒星間測位システム):

« ロケット設計 CGI | Main | 『エンジニアのための時間管理術』と『Sunbird』 »