« 牛丼 | Main | 研究日誌保存版 »

December 07, 2006

SL-A300の赤外線でppp接続する

E076最近 手に入れた SL-A300 を色々試して居る。

普段使って居る SL-C860 では、スケジュール管理として、Qualendar (XML版)を使って居る。試しに SL-A300 にも Qualendar をインストールし、スケジュールのデータファイルとカテゴリーや色の設定ファイルをコピーすると、そのまま使えることが判った。

これなら、軽量の PIM として使える!
問題は、SL-C860 と、どう同期を取るかである。

色々と方法は考えられる。
SHARP のお進めは、USB ケーブルで、Windows の母艦と接続して、ファイルのバックアップを取る方法なのだろうが、面倒臭い。いちいち GUI 環境でファイルのコピーをするのは面倒な上にミスの誘発もある。スクリプトを書いておいて、必要なファイルの更新情報をチェックし、最新データのみをコピーする方が楽だ。

SL-C860 は、無線 LAN で、家庭内 LAN に接続し、ファイルサーバーの玄箱とデータの同期を取っている。これを行うスクリプトは Ruby で書いておいて、ワンタッチで操作できるようにしている。

普段、SL-C860 の最新データを玄箱と同期させて居るなら、同じような事を、SL-A300 でも出来ないか・・と思った。

しかし、SL-A300 本体には、CF インターフェースが無く、無線 LZAN での接続は困難だ。(SL-A300 の裏に付く拡張ユニットがオプションにあるにはあるが、異様に大きく、SL-A300 の良さをスポイルする。)

そこで、赤外線に目を付けた。元々、SL-A300 は赤外線にで、携帯電話経由でインターネットに接続できる機能がある。

無線 LAN でホーム LAN に接続して居る Debian Linux Sarge のノート PC で、ppp サーバーを動かし、それを用いて SL-A300 と赤外線経由で ppp 接続した。Debian Linux Sarge の上では IP マスカレードも動かして居る。これにより、SL-A300 からは、Debian Linux Sarge を通して、ホーム LAN でもインターネット空間でも自由にアクセスできる。

この状態で、前述のスクリプトで玄箱との同期が取ることができた。

無線 LAN で直接 LAN に接続できる SL-C860 に比べ、LAN に接続する度にノート PC の Debian Linux Sarge を起動しなけらばならないので、面倒だと思うかもしれない。

だが、慣れると意外と気楽に接続し同期できる。

実は、無線 LAN は消費電力が大きく、SL-C860 で接続する時は、バッテリーの残量を気にしながら行う必要があって、これが意外とストレスになる。
それに比べ、赤外線は消費電力が少なく、気軽に接続できる。もちろん、データ伝送速度が桁違いに遅いのだが、スケジュール・データの同期程度なら問題にならない。

このように、赤外線でのネットワーク接続は、PDA のように電力などのリソースが少ないシステムに極めて有効だ。

と、まあ、まるで自分で発見したように言って居るが、白状すると Palm 時代の経験を応用しただけだ。

私は、Zaurus の前は、Palm を使って居た。古い Palm だったので、インターフェースは、シリアルと赤外線しか無かった。この時代にシリアルインターフェースや赤外線を用いたデータの同期やネットワーク接続の便利さを知ったのである。

SL-A300 は、その時代の Palm と良く似て居るので、同じことができないかと試しただけだ。

私と同じ事を考えた人は、他にも居るようで、ネット上に何例も見つけることができた。
ところが、これらの事例を見て驚いた。

私が、Debian でやった事を Windows でやろうとしても上手く行かないと言うのだ。

「あれれ・・、元々 Palm が Winows の母艦との間でやっていたことなのに!?」

正確に言えば、 Windows98 以前の Windows なら上手く行くらしい。つまり、「古い Palm」の時代の Windows だ。
ところが、最近の Windows では動かない。これは、OS によって、赤外線インターフェースが隠蔽されて居るからである。

「古い Palm」は、赤外線と親和性が高かった。
その頃、PDA は全盛であった。

しかし、Windows が赤外線を隠蔽し、使いにくくなったのと、PDA が衰退するのと時を同じくして居るのは気のせいだろうか?

もちろん、最近の PDA は、USB や無線 LAN 、Bluetooth で、母艦と接続するようになっているから、赤外線の隠蔽は関係ないと言えば関係無いのだが。
とは言え、それらのインターフェースには赤外線の手軽さは無いと思うのだが、どうなんだろう。(Bluetooth は未経験なので、手軽かどうか、本当のところは知らない)

そもそも「赤外線が使われなくなったから隠蔽した」のか「隠蔽したから赤外線が使われなくなった」のか、どっちが先かは、よく判らないが。

|

« 牛丼 | Main | 研究日誌保存版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SL-A300の赤外線でppp接続する:

« 牛丼 | Main | 研究日誌保存版 »