« ゴム破断 | Main | 数式処理 »

November 04, 2006

デジタル一眼レフカメラ

E071もうデジカメが普及し、カメラメーカー各社の主力が、フィルムの一眼レフカメラからデジタル一眼レフに移って何年にもなる。
だが、どうしても欲しいと思えるデジタル一眼レフが無く、わが家の主力は相変わらず 20 年以上使っているマニュアルフォーカス・フイルムカメラのニコン F3 である。デジカメは、高倍率ズーム付きコンパクト機のパナソニック DMC-FZ1 だけだ。

私の場合、デジタル一眼レフは、F3 の置き換えを考えてしまうので、F3 と比べてしまう。20 年以上前とはいえ、F3 は世界を制覇したカメラである。ちゃちな入門用デジカメでは、どうしても見劣りしてしまう。特にファインダーの差が大きい。どうもデジタル一眼レフは画素数のようなカタログ数値ばかり重視して、ファインダーのように本当に重要な部分を軽視したように思える。

ところが、ここに来て、状況が変わって来た。
昨年末に出た D200 は、初めてファインダーを良くしようと言う努力が見られるデジタル一眼レフだ。もともと CCD サイズが小さいため、フィルムのF一桁に比べると見劣りするが、それでも今までのデジタル一眼レフに比べ、遥かに良い。(フルサイズ CMOS のキャノンならファインダーも大きく見やすい筈なのだが、それほどと思えないのは何故だろう??)

その上、D200 は、マニュアルフォーカス用レンズでも使えるようになって居る。今まで F3 用に買い揃えたレンズが使えるのは嬉しい。

ただ、D200 は、ちょっと大きく重いのが惜しいな・・と思って居たら、D80 が出て来た。D200 のファインダーは、そのままに小型軽量化されたカメラだ。ただ、D80 はマニュアルフォーカス・レンズ用のインターフェースが省略されて、使えなくなって居るのが痛い。

とか、思って居たら、カメラ雑誌の今月号を見て驚いた。フォトキナ(ドイツで行われるカメラの祭典)が行われたため、その速報の中に目を引くカメラが入って居た。

一つは、フジの S5 Pro だ。なんと D200 の筺体の中にフジ得意のスーパーハニカム CCD が入って居る。ダイナミックレンジの広いスーパーハニカム CCD は、発色が違うとのこと。D200 にベルビアを入れたようなものになるのだろうか!?
それなら、欲しくなってしまう。願わくば、S5 Pro でもマニュアルフォーカス・レンズ用のインターフェースが省略されていないこと・・だ。

ちなみに今月号の「月刊カメラマン」には、各社のデジタル一眼レフカメラと各種フィルムで紅葉を撮り比べて、度の写真が、どの機種/フィルムかを当てるクイズがあったが、私はベルビアだけは一発で判った。もっとも、他の機種/フィルムは判らなかったが。とは言え、妻も一発でベルビアだけは判ったから、やはりベルビアの発色と描写は別格なんだろう。
その記事を見ると、デジタル一眼レフは、まだまだベルビアのようなポジフィルムには勝てないんだと思った。S5 Pro は普通のデジカメよりは良いのだろうと思うが、どこまでベルビアに迫ったのだろうか?

もう一つの驚きは、オリンパス E400 だ。
以前、OM-2 のときに、「オリンパスには粋のあるカメラを望む」と書いたが、写真で見る限り E400 は、OM シリーズのような「粋のあるデジタル一眼レフ」になって居るようだ。
残念ながら E400 はヨーロッパ専用で、日本国内での発売は予定されて居ないそうだが、日本でも発売して欲しい。その時は、是非、「OM-4D」のように、OM ナンバーを復活してもらいたいものだ。(ペンタックスが、K ナンバーを復活して居るのだから、OM の復活もありだろう)

同じフォトキナでも、M8 や DMC-L1 とかには、興味が持てなかった。この辺、期待して居ただけに、逆に失望の方が先に出た。(フジやオリンパスは、予想できなかったため、驚きが大きかった)

う~ん、だいぶ欲しくなって来たぞ。

・・・と思って居たら、何故か、フイルムカメラの家族が増えた。重厚長大・超高性能の塊のようなカメラが・・

|

« ゴム破断 | Main | 数式処理 »

Comments

 ご無沙汰しています。私もずっとデジタル一眼レフを買わずに、すごしてきました。欲しいカメラが出てこなかったから。十年以上コンタックスS2というすべてマニュアルのボディとツァイス・レンズで過ごしてきたので、当然、コンタックスのデジタルを期待したのに、変な方向へ行くなあと思っていたら、コンタックスは消滅してしまいました。
 ふとしたことから、コンタックス用ツァイス・レンズ群をマウントアダプタを介して他社のボディに装着出来ること、それにはEOSの5Dが最適と知り、あっという間に中古で買ってしまいました。今年の4月のこと。フルサイズの撮像素子なので、焦点距離の換算不要です。フォーカシングスクリーンをF2.8より明るいレンズ用のものに交換したら、とても見やすいファインダになりました。もちろん、マニュアルフォーカスのみです。絞り優先で測光してくれますが、ファインダが実絞りになってしまうのがやや不便です。だいぶ慣れましたが。
 先日も仕事で標本の写真をF2.8のマクロレンズを装着して撮影したのですが、窓から入る自然光のみで手持ちで問題なく撮影できました。このボディは感度をISO1600まで上げてもほとんどノイズが出ないので光が不足する状況での写真が、銀塩の時とは別の世界で撮影できるのです。結婚式でもストロボ不要でキャンドルサービスの写真が撮影できます。
 銀塩はフィルムの平面性が問題になることがあり、コンタックスも真空でフィルムを引いて平面にしようとしたりしましたが、デジタルは完全にフラットですから、ツァイスの大口径レンズの性能がついに発揮されているという感じです。

Posted by: はかせ | November 06, 2006 at 09:28 AM

はかせさん、こちらこそ御無沙汰しております。
EOS-5Dにコンタックス用ツァイス・レンズですか?
なかなか面白い組み合わせですね。

実は私もツァイス・レンズを狙っているところもあります。
御存じだとは思いますが、ボディを無くしたツァイス・レンズが最近ニコンFマウント用のレンズを出し始めたのです。
もちろん、コンタックス用のレンズとは微妙に違うのですが、それでも、伝説の 85mm F1.4 とか言われると、思わず欲しくなってしまいます。(ちょっと、安すぎるので、本当にツァイス・レンズ?って思ってしまいますが)

ニコンの D200 なら、マニュアルフォーカス用のインターフェースを持っていますから、ニコンマウント用のツァイス・レンズで開放絞りで測光できてしまいます。もっとも、APS-C サイズの CCD が問題ですが。
とは言え、なかなか、デジタル一眼レフとツァイス・レンズを、一気に買う勢いがつかないのが、現実ですが。

ところで、話題がそれますが、今日、東工大での授業の後(週に一度くらい東工大で講義します)、中原街道にあるロータスの店で、エリーゼとヨーロッパを見てきました。
やっぱり、エリーゼは良いですねえ。欲しいなあ。
もう、ローバーのKエンジンの車は一台しか残ってないそうです。エリーゼは全てトヨタのエンジン、ヨーロッパは GM のエンジンになってしまったそうです。

Posted by: 野田篤司 | November 06, 2006 at 08:11 PM

エリーゼもカメラも似たような好みで選んでいるようです。お節介は嫌い、欲しい性能のためには他はすべてどうでもよい、ということでしょうか。

私のエリーゼはABSと倍力装置がブレーキに割り込んでくる前のモデルなので、ブレーキペダルとブレーキが直接結ばれていて、素晴らしい感触です。軽量低重心と完璧なステアリングもあって、この車はサーキットとか峠とかに行かなくても、ただ、通勤で職場まで運転するだけで幸せになれます。

女性の横顔を撮影する時、手前側のまつげにフォーカスを合わせる、などというのは所詮自分でマニュアルでやるべきことだと思います。

私もずっと職場のニコンF3とマイクロニッコールを充分満足して愛用していました。イギリス滞在中、借りて使ったコンタックス・Sプラナー60mmF2.8(マクロです)で撮影した写真の出来上がりを見て、その描写力に仰天して、その日からツァイス党になりました。

デジタル一眼レフの出現以来、いろいろなカメラ・レンズを試してはみたのですよ。でも、少なくとも愛用のプラナー85mmとSプラナー60mmを超えるものはまだ見つかりません。5Dのおかげで、このレンズは現代を銀塩時代より高性能を発揮しつつ生きていけるので、とても有り難いことだと思っています。エリーゼのおかげで、1960-70年代のライトウエイトスポーツの楽しみが、まだ、続けられるのと同じかな?

Posted by: はかせ | November 07, 2006 at 09:40 AM

こんにちは

野田さんの意見の

1)見やすく大きなファインダー
  ピントの山がつかめること
2)小型軽量のボディ
3)交換レンズが豊富なこと
4)ホールドが良ければ
5)連射性能は問わない
6)CCD+ボディ+レンズの組み合わせが自由

ですが、しばらくデジ一をいじくった感想からコメントします。
1)は、その通りです。安物デジ一はこれが酷いです。
  ペンタプリズム方式を選択するしかないと思われます。
2)これもその通りですが、現実には難しいです。
  電気で動くので電池がでかいのが難点ですね。
3)は、そうなんですけど、どうせ貧乏なので選べても実際に買えない。。
4)ホールドするっていうのは、手ぶれを抑えるためだと思うのですが
 高感度+手ぶれ補正がある程度効けば、あまり重要にならなくなる
 可能性が将来的にはあるんでしょうね。現在は、手ぶれは、ホールド
 をしっかりするしか無いようです。
5)これは、デジタルのうまみを消してしまいます。連射はできれば出来るほど良いです。ホールドやピント、露出なんかまじめに出来るはず無いし、シャッターチャンスも狙えるほど甘くはない。つまり撮りまくるしか解はないので、デジタルの強みを生かすには連射が効けば効くほど良いです。
6)AFや露出を正確にするためにボディとレンズは結構情報をやりとりするようです。すると自由にというのは組み合わせが無限にあって現実的では無い様です。もちろんマニュアルでやればいいのですが、なんかデジタルカメラっぽく無くなってしまうと思われます。
 CCDの交換は、フィルムのようにできればというイメージでしょうけれど、RAWで記録するという事になってしまった場合、そんなに差が出るのかは?です。jpeg処理エンジンの差が現状では多いようです。

結局、ボディは、スイッチなどが使いやすいか、連射がどの位できるのか、ファインダーの出来というところが一番重要で、システムとしては、レンズを含め、好きな機器が用意されているかということで選べば良いようです。

Posted by: kagawa | November 07, 2006 at 11:49 PM

kagawa さん、どうも。
1)と2)は、基本的に同じ意見なので良いとして、それ以降ですね。

3)ですが、レンズを交換しなきゃ一眼レフの意味が無いんじゃないですか?
1つのズームしか使わないのなら、レンズ固定の高倍率ズーム機で良いような気がします。

4)手ぶれ補正が有効なのは判っていますが、ホールド性は、手ぶれ以前のものだと思います。そもそもカメラがしっかり握れないと写したいものも写せない訳で。

5)と6)は、カメラに対する趣味の違いでしょうか?
例えば、昔の私はフィルムカメラなら、風景やポートレートを撮るとき連写性を犠牲にしても ベルビアやPKR、時として PKM で撮りたいと思う時があります。ベルビアの感度は ISO 50 (現在は ISO 100 になってます)で、PKR は ISO 64 ですし、PKM に至っては、ISO 25 です。こんなフィルムを使うのは描写力と発色のためです。超低感度のフィルムですから、絞りを開放にして被写界深度を浅くしギリギリまでピントを合わせるか(はかせさんの言われる「女性の横顔を撮影する時、手前側のまつげにフォーカスを合わせる」と言うテクニック)、逆に絞って、パンフォーカスに近くするか、そんな撮り方をします。じっくりピントを合わせるにしても、スローシャッターでブレないように重い三脚に固定するにしても、どちらにしても連写性よりも、ゆっくり写真を撮りたい訳です。その代わり、発色と描写性を要求する訳ですね。

もちろん、子供の運動会の写真なんて、まるで逆で、ISO 800 くらいのネガカラーでバシャバシャ撮るときもあります。
フィルムカメラなら、超低感度で発色や描写に優れたフィルムから、高感度でも発色や描写に劣るフィルムまで、対象に合わせて選ぶことができるわけです。

デジカメも、そんな風に CCD が選べたらなあって、思う訳ですよ。

Posted by: 野田篤司 | November 08, 2006 at 11:32 PM

 私も野田さんに近いものがあります。
 ズームを付けっぱなしにするならレンズ固定の高倍率ズーム機の方が良いので、研究費でデジカメを買う時もソニーのF828にしました(それでもツァイスレンズ!)。一眼レフにズームは付けません。といって重いので、出掛ける時は多くて2本、たいがいはその日、どういう写真を撮影するかを考えてレンズを決め、その1本を装着して出掛けます。どうしてもズームが必要なら職場のF828を使えばよいのですが、一度もそうしたことはありません。
 最近のレンズにも、プラナーを越えるものがあるのでしょうが非常に高価で、普通に買える値段のレンズは遠くプラナーにおよばない。それで折角買いそろえたツァイスレンズを使い続けたいのですね。
 5Dにしたのは、ツァイスレンズが使えてフルサイズで価格的に手が届くのはこれしかなかったからです。他は一切気にせず購入しましたが、使ってみればフォーカシングスクリーンを交換することで見やすくピントの山がわかりやすいファインダになりましたし、ホールドも悪くありません。連写は遅いと言われていますが、使ったことはありません。どうせじっくり時間を掛けて準備し、一枚を撮る、という習慣ですから。液晶ですぐ確認しますが、ほとんど失敗や撮り直しはありません。
 軽くはないけれど(810gでD200の830gと同等)、どうせツァイスレンズは大口径で重いので、ボディの重さはこのくらいでちょうどバランスがよいように思います。持ち歩くのも、首から掛けておけば我慢の範囲です。
 撮像素子は交換できませんが、デジタルでは撮影時にピクチャースタイルを選ぶことである程度対応し、それでも不満だったらPCのphotoshop でいじる、という手段が一般的なのだと思います。廉価版のphotoshop Elemenntsもver4.0からはかなり発色の補正が賢くなりました。
 銀塩の時代は、良いレンズを安いボディに付けても良い写真が撮れたのですが、デジタルだと、言ってみればボディとフィルムが一体化しているようなものですから、ボディ選びはフィルム選びも兼ねるので慎重にならざるを得ません。
 愛用のニッコールレンズをお使いになるのならレンズを買う必要ないので、その分ボディに資金をつぎ込み、D200なりD2xsなりを検討されたらいかがですか?重いのは体を鍛えて対処するとか。フィルム代がかからないのでデジタルはランニングコストは安いですね。

Posted by: はかせ | November 09, 2006 at 10:38 AM

こんばんわ

>3)ですが、レンズを交換しなきゃ一眼レフの意味が無いんじゃないですか?
そうでなくって、豊富にあっても、入手できなけりゃ意味がないと申しております。
入手できる価格範囲は、実は、レンズメーカー品だったりするのでマウントには関係がないと言うことになってしまいます。

>1つのズームしか使わないのなら、レンズ固定の高倍率ズーム機で良いような気がします。
 FZ-1の高倍率時の低質画像とニッコールの固定焦点の高画質画像をご存じなのに。。。結局固定焦点の画質が一番良いようです。簡単に変えられるかという問題(デジ一ならではのゴミ問題)があるのでデジ一では、ズームの方が今のところ良いようですが。
ちなみに会社でAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) なんぞ使っています。これもテレ端は解像度不足ですね。


>4)手ぶれ補正が有効なのは判っていますが、ホールド性は、手ぶれ以前のものだと思います。
 いくら何でもそんなに酷いものは売ってないと思いますが。。

>5)と6)は、カメラに対する趣味の違いでしょうか?
RAW撮影という手段があり、高画質を狙うときはそちらを使うことが主流のようです。
http://www2.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/raw/what/index.html
などをご参考に。
手前のまつげにフォーカスというのも実際の安物デジ一だとファインダーとの誤差があって、狙えません。レンズ毎に調整に出すという方法を皆さん取られているようですが、マニアじゃない一般市民にはRAW撮影もボディの調整も敷居が高く、結局jpegで枚数稼ぐしかなかったりします。(となると超音波モーターのAF付レンズとかなってきて。。)
ちなみにRAWで連射が効くボディははかせさんのD5相当以上な高級品しかありませんよね。

Posted by: kagawa | November 09, 2006 at 09:01 PM

はかせさん、kagawa さん、どうも。

はかせさんとは意見が一致しているようですが、どうも kagawa さんとは話が噛み合っていないような気がします。

結局、写真は趣味の問題ですから、連写を重視するか、発色とか描写を重視するかは、好き好きで左右されるんだと思います。

その上で、私の趣味から言うと、連写よりも発色や描写を重視します。フジのスーパーハニカム SR CCD は、ダイナミックレンジが広く、発色や描写が良いのです。RAW データから色々すると言っても、最初から CCD で受けられない信号まで加工する事はできない訳です。前作の S3 Pro のスーパーハニカム SR CCD は、画素の大きさを2種にし、配置を工夫し、AD コンバータを通常12ビットから14ビットになってます。
ただ、その代償としてデータの読み出し速度が犠牲になっています。結果として、S3 Pro は連写に弱く、秒 2.5 コマと現在の基準から考えると遅い部類に入ります。
新作の S5 Pro では、連写性は改善されているかも知れませんが、D200 の秒 5 コマよりは悪くなっているかも知れません。でも、私の趣味から言えば、連写性能は秒 2.5 コマもあれば必要十分以上のものがあるので、S5 Pro の方を選ぶ可能性が高い・・と言う意味で「連写性より発色や描写力を重視」と言った訳です。

ファインダーでのピント合わせですが、はかせさんも言ってますが、可能ならフォーカシングスクリーンの交換も考慮した方が良いと思います。私は、OM-2 の時代から、フォーカシングスクリーンは好みによって交換して使っています。F3 は標準と全面マットとを被写体によって使い分けています。FE2 は、FM3A 用のフォーカシングスクリーンにしています。最近のフォーカシングスクリーンの技術進歩は目覚しく、明るさとピントの山の判別を高次元で両立をできるようになっています。

もし、本当に誤差があって、ファインダーでのピント合わせが、実際の写真と一致しないのなら、レンズではなくボディの方の問題ではないでしょうか? レンズマウント~ミラー~フォーカシングスクリーンの位置関係がずれている可能性があると思います。

とは言え、私も偉そうな事を言っていてもポジフィルムで写真を撮っていたのは昔の話。今ではネガばかり使っています。
今日久しぶりにポジフィルムを買いに行ったのですが、すっかり様変わりしていますね。コダクロームが無くなって久しいですが、フジの方はベルビアやプロビアだけじゃなくて、もっと高いフィルムも逆に安いフィルムも出ていました。ベルビアだけでも昔ながらの ISO 50 のものから、ISO 100 や、更に超高彩の 100F と三種類も出ていました。どれを買ったら良いか、よう判らないので、ベルビアで一番安い ISO 100 を買って来ました。

Posted by: 野田篤司 | November 12, 2006 at 09:46 PM

>・・・と思って居たら、何故か、フイルムカメラの家族が増えた。
>重厚長大・超高性能の塊のようなカメラが・・

これが気になっているのですが。マミヤとか?ハッセルブラッドとか?

Posted by: はかせ | November 15, 2006 at 12:24 PM

残念ながら、マミヤとかハッセルブラッドなど中判以上のカメラではありません。(実は密かに大判カメラが欲しいと思っておりますが)

35ミリのフィルムカメラで、とあるジェット戦闘機改造の偵察機と同じ型番を持つカメラです。
フルオプション装備なので、コンタックスS2とは対極にある重厚長大ボディで、もの凄い連射能力のため、フィルムは一瞬で無くなる代物です。

発売から既に20年近く経っており、当時は最高のオートフォーカスカメラだったのですが、操作系がアナログで、今となっては、逆に最強のマニュアルフォーカスカメラとも言われており、それが縁で我が家の一員となりました。

Posted by: 野田篤司 | November 15, 2006 at 08:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/12553097

Listed below are links to weblogs that reference デジタル一眼レフカメラ:

« ゴム破断 | Main | 数式処理 »