« July 2006 | Main | September 2006 »

August 27, 2006

またまた、ジェデルスキー翼に挑戦

E066145センチ級ゴム動力機「ビーグルⅡ世号」にジェデルスキー翼を作った。
以前、50センチ級ゴム動力機「ビーグル号」にジェデルスキー翼を作ったのが、ここここに紹介している。
これらを見れば、以前、作ったジェデルスキー翼は、作るのが大変な上、強度不足なわりには、簡単な「への字翼」に比べ、決定的な優位性が見出せなかった。
だが、少なくとも揚力係数の向上など、高性能な翼型の片鱗だけを見たように思えた。

あれから、ジェデルスキー翼をあきらめた訳ではなく、今回、再び挑戦した。

前回のジェデルスキー翼の最大の欠点である強度不足を解消するために、スパー(桁)に 1.8ミリ径のカーボンロッドを使った。

E0662以前のジェデルスキー翼は、左右別々に作り最後に接合したが、今回作ったジェデルスキー翼は、展開した形状を、一枚のスチレンパーパーから切り出している。
ユニオンから購入できる 0.5ミリ厚の 500ミリ×280ミリのスチレンペーパーから、ちょうどジェデルスキー翼の展開形状が切り出せる。と言うより、最初から、一枚のスチレンペーパーから展開形状が切り出せるような大きさに「ビーグルⅡ世号」の大きさを決めたと言っても過言ではない。

できあがったジェデルスキー翼は、 7.5グラムであった。同じ大きさの「への字翼」が 5.8グラムだから、1.7グラム重くなっただけである。

早速、今朝飛ばしに行った。(昨日の土曜日は、朝のうち雨だった)
カーボンロッドを使ったスパーのおかげで、強度は十分のようだ。むしろ、「への字翼」よりも剛性が上がっている。
時間があれば、十分に調整したのだが、今朝は息子が作った45センチ級「新ライトプレーン」の飛行がメインだった上、風が出てきたので、ジェデルスキー翼のテスト飛行は僅か3回のみだった。
安定して飛ぶのだが、滑空時の左旋回が急過ぎる。

「また、垂直尾翼の大きさを調整しなければならないかなあ」と思っていたが、帰宅後調べてみると、左翼がねじり下げの状態で歪んでいた。早速、歪みを修正する工作を行った。次回の飛行が楽しみである。

今後は、時間をかけて、十分に調整しようと思う。新しい機体なり翼なりを作っても、安定して飛ぶようになるまで、数週間から数ヶ月は必要だと言う事が、良く判ってきた。
現状では、ジェデルスキー翼の決定的な優位性は見出せてはいないが、しばらく熟成させて様子を見たいと思っている。

ところで、本編とは全く関係無いが、今朝、いつもの河川敷に行く途中でロータス・エランを見た。クーペタイプのエランだった。走っているエランを見たのは久しぶりである。
と思っていたら、帰宅時は、カニ目のヒーレーを見た。こっちは、もちろんオープン2シーターだ。
どうしちゃったんだろう。なんかのイベントでもあったのだろうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 10, 2006

研究日誌保存版

マツドサイエンティスト・研究日誌 保存版を更新した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2006

やっと飛んだか・ビーグルⅡ世号

E064_1応急修理をした胴体後部を作りなおし、垂直尾翼の面積を小さくしたビーグルⅡ世の飛行を行った。

小さく作りなおした垂直尾翼を見た時、「ちょっと小さくしすぎたかなあ」と思ったのだが、この予感が当たってしまった。

土曜日の朝、試験飛行を行った。手投げによる滑空は文句の付けようがないほど良かった。
しかし、ゴムを巻く程、上昇時に安定しなくなった。以前の「カットアンドトライ」の時は、あまり巻き込まなかったため、この傾向が確認できていなかったようだ。
どうも、垂直尾翼が小さすぎる。野尻さんの言うように「垂直尾翼容積比は小さすぎると動力飛行中に暴れ、大きすぎると滑空中に暴れました」との通りになった。
あと、5ミリ、垂直尾翼の高さを高くすれば良かった。

今朝、つまり日曜日の朝は、垂直尾翼を作りなおした。即席で作りなおしたので完全では無い。元の垂直尾翼を切り取り、3通りの大きさの垂直尾翼を用意して、両面テープで貼り直すようにした。

飛行の結果は、効果抜群であった。わずか垂直尾翼を5ミリ高くしただけで、ゴムを巻いた上昇時の安定性は全く違う。まるで吸い込まれるように真夏の青空を登っていく。

ようやく、ビーグルⅡ世号も飛ぶようになったようだ。
ちゃんと調整すれば、相当飛べそうな予感がする。と、思っているうちにワインダーを壊してしまった。針金一本あれば直せるのに、それを持っていなかったので、今朝の飛行は終りとなった。

それでも、やっとビーグルⅡ世号は飛ぶと言えるようになった。そこで、遅ればせながら、設計図を公開する。

ビーグルⅡ世号設計図
作り方が詳しく載っているわけではないが、スチレンペーパーの部品は全て展開図付きなので、作るのは難しく無いと思う。
その内、「ヘタウマ」の絵で作り方の解説でも描こうかと思っている(時間ができたら)。

なお、私はプロペラに直径21センチのユニオン製折りペラを改造した折りペラを使っている。(このコンテンツ参照
直径21センチ前後の普通のプラスチック空転プロペラも使えると思うが、その場合、ちょっと垂直尾翼を大きくした方が良いと思う。
また、PDFを印刷するとき、拡大・縮小されないように注意すること。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »