« June 2006 | Main | August 2006 »

July 24, 2006

蒸気機関車

E064昨日(7月23日)、宇宙作家クラブの例会と言うことで、成田ゆめ牧場の敷地内にある羅須地人鉄道協会に、また行った。タイタンパーで紹介した場所である。

今回は、保線工事ではなく、運転を体験するために行ったのである。

石炭に火を付け、ボイラーで湯を沸かし、蒸気を上げるところから始めた。常温の水の状態から、機関車が走れるまで、2時間くらいかかる。2時間と言うと相当時間がかかるように思えるが、羅須地人鉄道協会の機関車は小さいので早いほうだそうだ。国鉄時代の蒸気機関車だと、まる一日かかるそうだ。

蒸気圧が上がると、運転体験である。
蒸気機関車の運転は思いのほか簡単で、操作するのは「ブレーキ」と「前後方向を決める逆転器」と「スロットル(シリンダーに送る蒸気の圧力を調整するレギュレーター)」だけだ。ガソリンエンジンの自動車のようにクラッチやミッションのように複雑な操作は必要無い。これは蒸気機関の回転数に対するトルクの特性が、低回転ほどトルクが高いという理想的な特性だからだ。

前進方向に逆転器を操作し、ブレーキを外し、スロットルを操作すると出発だ。
いや、一つ忘れていた。出発の合図に「汽笛」を鳴らすのだ。

汽笛を鳴らして出発する。
カーブや上り坂下り坂に合わせて、スロットルを調整する。踏切前では、汽笛を鳴らす。
橋を越えたら、もう一周だ。
ぐるっと一周するのが、アッと言う間だ。
これは楽しい。

自分の順番が終わると(私は子供なもんだから、いの一番で運転した)、他の人が運転する間、客車に乗っている。
野尻さんや笹本さん、松浦さん、あさりさん、小林(伸光)さんなど、いつものメンバーと話が弾む。
「模型飛行機の垂直尾翼容積比が、どうたら」とか
「八谷さんのメーヴェって、きれいに飛ぶんだよ。こんどスキー場か何処かで御披露目飛行をやるみたいだよ」とか
「(指さしながら)このへんを小川(一水)くんとタイタンパーしたんだ。小川くんも来れば良かったのに」とか話した(ブログの話題ばかりだなあ)

皆が運転し終わると、火を消し、湯を抜き、掃除をする。

いやあ、楽しかった。

将来、こんなノリで素人が集まってロケットを打上げられるようになったら良いなあと思った、本当に。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 23, 2006

水に沈んだ我が飛行場

E063九州、西日本で猛威をふるっている梅雨前線だが、一昨日まで関東地方でも大雨だった。

で、いつも模型飛行機を飛ばしている江戸川でも増水しているだろうなあと思って見に行ったのが、写真である。昨日(7月22日)の昼間に撮った写真だ。

4月のコンテンツと同じ場所を撮ったものだが、見事に河川敷が沈んでいる。いつもなら週末に模型飛行機を飛ばしている場所だ。

ところで、この写真、新調したPHS 京ポン2で撮った。
購入前にネット上で調べてみると京ポン2のカメラは不評だった。特に空の色が悪いらしい。写真を見ると、本当に写真左の空の色が変だ。

京ポン2を作った京セラは、元々ヤシカ、つい最近まで超名門コンタックスのブランドでカメラを販売していたではないか。それを知っているもんで、どうしても期待してしまう。
もちろん、携帯電話/PHSを作っている部門とカメラを作っていた部門では違うのかもしれない。
それにしたって,もうちょっとカメラを良くしたって良いと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2006

京ポン2

E062携帯電話と言うか、正確には PHS を機種変更した。

元々、使っていた PHS は、KX-HS100 と言う縦型の電話で5年も使っている。買った時点で、既に旧式だったから、今見ると、本当に古く見える。

古いとは言え、別に電話として通話する機能に不足は感じて居なかった。
PHS は、通話可能エリアが狭いと言うイメージが先行しているが、田舎はともかく、都会では、むしろ携帯よりも通話できる場所が広いくらいだ。

ところが、最近、20代/30代の若い人と遊ぶ機会が多い(若い人と言っても、残念ながら女性では無い)のだが、若い人に「何故、今どき PHS を? それもメールの使えない端末を使っているの?」と言われた。

PHS に対するマイナスイメージ(通話エリアが狭いと言うイメージ)は誤解だとしても、携帯電話(PHS)のメールに必要性を全く感じて居なかった私は面食らった。

「メールを送られたら、すぐ判らないと連絡が取れないじゃないですか?」

元々、パソコン通信やインターネット接続のUNIXのEメールから入ったので、メールと言うのは、家の中やオフィスの中のパソコンで受けるのが普通である。
出先では、ザウルスで受ける程度であるから、メールをチェックするのは、半日おきであれば十分であろうと思っていた。

ところが、先の意見を言った若い人(たぶん、20歳か21歳?)は、最初から携帯電話からメールに入ったのだろう。常に端末を携帯し、メールが必要な時に即座に相手に伝わるのが当然と考えているようだ。

なるほど、携帯電話に対する要求は、「通話」では無く「リアルタイム性のあるメール」だったのか。
そう言えば、女子高生が携帯でメールするのが、だいぶ前から話題になっていたが、そう言う感覚であったのか。

娘(中学2年生)にも、「そんな古い電話持って恥ずかしい」と言われた。

そうこうしているうちに、私の PHS のバッテリーの持ちが急に悪くなってきた。北海道旅行のあたりからだ。

バッテリーを交換するのも金がかかるし、どうしようかと思っていたら、Willcom から、長い間、古い端末を使っているユーザーに、低価格で最新のWX310K(別名「京ポン2」)と言う端末に機種変更するキャンペーンを知らせる葉書が届いた。

このキャンペーンを利用すれば、バッテリーを交換するコストで機種変更できそうだ。
その上、京ポン2には、130万画素のカメラまで付いている。携帯の付録デジカメだから画質は期待できないが、オマケでトイデジカメまで付いていると思えば安いものだ。
と言うわけで、機種更新した。

もちろん、京ポン2には、メール機能も付いている。
実は、正確に言えば、元々の KX-HS100 にもメール機能は付いていた。だが、使い難いものだったので、ほとんど使った事はなかった。
今度の京ポン2のメールは使いやすそうだし、PHS のメールだけではなく、一般プロバイダーのメールサーバーでも SMTP/POP でメールの送受ができる。

その上、Web にも Opera でアクセスできるし、スケジュール管理アプリケーションやデジタルオーディオプレーヤー(有償オプション)まで付いている。

最近の携帯(PHS)は、機能が進化しているんだなあ。
Zaurus (PDA) の置き換えになりそうな勢いである。

はたして、どうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2006

エアロソアラ

E061今日、アマゾンからダンボール箱が届いた。ほとんど空じゃないかと思えるくらい軽い箱だった。
覚えが無いので、ともかく開けてみて驚いた。「エアロソアラ」と言うラジコンならぬ赤外線リモコン式の超小型模型飛行機が入っていた。
そういや、ずいぶん前に予約注文したのを、すっかり忘れていた。

元々、エアロソアラは、今年の2月発売予定だった。
私の息子は、2月生まれなので、誕生日プレゼントにとアマゾンに注文しておいたのだった。

ところが、エアロソアラの発売は、何回も延期された。それが、半年遅れで、やっと発売されたようだ。

今、ネットで調べたみたら、「エアロソアラの発売は、7月15日」とあった。
今日ではないか!?
どうやら、私は発売日当日にエアロソアラを手に入れた幸運(?)に当たってしまったようだ。

時期外れの誕生プレゼントだが、息子は大喜びだ。
すぐに飛ばしてみた。

超小型の模型飛行機なので屋外では飛ばせない。八畳の部屋なら、周回飛行ができるとあったが、本当にできる。ただ、8の字飛行となると、もう少し広い部屋が欲しい。

狭い部屋の中で飛ばしていると、蛍光灯のスイッチの紐にぶつかって、墜落したりする。発泡スチロール製なので、危険も無いし、壊れもしない。
なかなか面白い。

こんなのが部屋の中で飛ばせるとは、まるでSFの世界だ。昔、「空中都市008」で、こんな場面があったような気がする。(あれはラジコン・ロケットだっけ?)

さすがは、21世紀だ。

チャンネルの違う機体なら、2機同時に飛ばすことも可能だそうだ。
パイロンレースとか空中戦とかやりたくなってきた。

| | Comments (7) | TrackBack (5)

July 08, 2006

ビーグルⅡ世号・カットアンドトライ

E060なかなかビーグルⅡ世号が飛んでくれないのは、このコンテンツに野尻さんがコメントしてくれたように、垂直尾翼が大きすぎるのが原因のようだ。
そこで、実際にビーグルⅡ世号の垂直尾翼の大きさを変えながら、文字通り「カットアンドトライ」で実験してみた。

二週間前に壊した胴体後部を補修し、プロペラプラグにクリアラッカーを塗って防水処理し、写真のように垂直尾翼に切取り用の線を描いたりと準備した。用意万端整った状態で、飛行を待っていたのだが、天候が悪かったり、忙しかったりで、今朝、やっと実験飛行することができた。

垂直尾翼には、写真のように色分けした切取り用の線を描いておいた。この線にあわせて、垂直尾翼をハサミで切り取り、垂直尾翼の効果を表す数値である(垂直尾翼容積比)=(垂直尾翼面積×モーメントアーム)/(主翼面積×主翼スパン)を変化させながら、飛行の安定性を調べる。
なお、正確に計算しなおしたところ、切取る前の状態で(垂直尾翼容積比)=0.063、緑色の線で切ると 0.054 、赤線で 0.046、青線で 0.037、黒線で 0.027 である。

現在、ビーグルⅡ世号には、二種類の主翼を用意してある。一つは翼端のみに上反角を持った主翼、もう一つは二重に上反角を持った主翼である。実験飛行は、同じ垂直尾翼面積の時、両方の主翼を用いて安定性をテストする。

事前の予想では、野尻さんの NLP-1 は0.042~0.059でうまく行ったと言うことなので、緑線と赤線の辺りで安定しそうだ。また、上反角が大きいと実際上の垂直尾翼容積比が下がると言う事なので、上反角の大きい二重上反角の主翼の方が、より垂直尾翼容積比の大きな状態で安定すると予想できる。

実際に試験をした結果は、予想と微妙に異なった。

まず、二重上反角の主翼の場合は、ほぼ予想通りであった。緑線(0.054)と赤線(0.046)は安定して飛ぶ。特に緑線は綺麗に糸を引いたように理想的な滑空をした。青線(0.037)は、左右に振り子のように振れると言う、上反角が大き過ぎて垂直尾翼容積比が少なすぎる時の典型的な飛行状態になった。

予想と異なったのが、翼端上反角の主翼である。緑線(0.054)の時こそ、安定して滑空したが、やや左周回がきつ過ぎる様だった。赤線(0.046)でも滑空が安定しないが、青線(0.037)に至っては、手投げ滑空すらできないほど暴れまくった。最初の予想では、二重上反角の場合より、垂直尾翼容積比が小さい状態まで安定が取れる筈だった。しかし、実際は逆で、二重上反角の主翼の方が、垂直尾翼容積比が小さい状態まで安定だった。
どうやら、翼端上反角の主翼は、上反角が少な過ぎるようだ。

なお、青線ですら、両方の主翼で安定が取れないことから、垂直尾翼容積比= 0.027 となる黒線での飛行は行わなかった。

さて、次の方向性が決まった。
・垂直尾翼容積比が 0.05 前後のなるように、胴体後半部と垂直尾翼を作り直す。
 胴体後部は、2週間前に折れ曲がって、現状応急修理の状態なので、この際、作り直す。
・翼端上反角の主翼は、上反角を大きく作り直す。
・二重上反角の主翼は、このまま。

次の飛ばすときは、滞空時間を長くすることを目指そうと思う。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »