« 告知 | Main | 一ヶ月ぶりに模型飛行機を飛ばす »

March 05, 2006

OpenOfficeとFirefox

e038自宅で使って居る Debian Linux Sarge に、OpenOffice.org 2.0.1 と Firefox 1.5 をインストールしたので報告する。

まず、OpenOffice であるが、元々 Debian Linux Sarge には OpenOffice 1.1 がパッケージとして用意されて居るが、私はインストールしていなかった。
以前、Vine Linux を使って居たころに、旧バージョン(1.0 時代)の OpenOffice をインストールしたが、「それほどでは無い」と結論していおり、何となく躊躇っていたからだ。

しかし、昨年 11 月にメジャー・バージョンアップされた OpenOffice 2.0 は評判も良いので、試す気になった。

まず、先に IPA フォントをインストールし、続いて最新バージョンの OpenOffice 2.0.1 をインストールした。
多少のマイナートラブルは在ったものの、インストールは成功した。

試しにワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)を使ってみると、なかなか調子が良い。
IPA フォントが奇麗なので、以前のように画面上での表示が醜い事もない。

数式入力(Math)は、歌島さんが「使い物にならない」と酷評して居る。
うーん、これは確かに使いにくいかも。でも、数式を直接 MathML に変換してくれるようなので、それはそれで役に立つかも知れない。

データベース(Base)だけは使い方が判らないので試して居ない。

一番、驚いたのは、ドロー(Draw)だ。
MS-Word のお絵描き機能は全く役に立たないので困って居たのだが、OpenOffice Draw は、とても使い易い。
少なくとも、ドローに関しては、OpenOffice は、MS-Office の置き換えどころか、完全に凌駕している。

今まで、プライベートのパソコンには、Office 系のソフトはインストールして居なかった。プライベートな文書は、全て TeX で書いて居たのだ。
今後、私のスタイルが大きく変わるか判らないが、OpenOffice も一つの候補となり得るだろう。

続けて、Firefox 1.5 もインストールした。
Debian Sarge には、Firefox 1.0 が用意されて居て、こっちの方は以前から使って居た。
Firefox 1.0 に不満があった訳ではないが、「Firefox 1.5 は正式に SVG に対応した」と言う雑誌の紹介記事を見て、インストールする気になった。
私の旧来からのホームページには、MathML と SVG を混在して使ったページがあり、このページを見るためには、非公式な SVG 対応ビルドの Mozzila/Firefox しか方法がなく、気になっていたからだ。

Firefox 1.5 のインストールは、驚くほど簡単だった。早速、自分の旧来からのホームページを見てみる。

「いや、こりゃ凄い。」と思わず声を上げた。
文字も、MathML の数式も、SVG の図も奇麗に表示できて居る。
非公式な SVG 対応ビルドの Mozzila/Firefox で見た時は「もたつき」があったが、今回の正式リリースの Firefox 1.5 は「もたつき」もなくスムーズに表示できる。

最新版の OpenOffice と Firefox を試した感想は、ずばり「もう Linux は、完全に実用になった」だ。

今までは、「Windows の代替え OS」等と言われていた。
「代替え OS」と言う言い方は「所詮、本命は Winows、でもお金が無いから Linux」と言う意味だ。
だが、OpenOffice と Firefox 、それに ThunderBird を入れた Debian Sarge は、実用性では Windows を超えた。

今や、 Windows の優位性は、単に「ユーザーが多い」だけになってしまった。(と言っても「ユーザーが多勢」と言う事実が、最も重要なんだが・・・)

昨年 6 月の Debian Linux Sarge リリース時点では、「時期既に遅し。もう Linux は、これ以上無理か!?」とすら思って居たが、最近のオープンソース陣営の攻勢で、随分状況が変わって来た。
(なんだが、サンマイクロシステムズの戦略に乗せられて居る感が無い訳ではないが・・)

私がプライベートで Linux を使って居る理由は「Windows の代替え」ではない。
私のパソコンの使い方の大半は、「シミュレーション」等のプログラムを自分で作り、解析等をして居る。
このようにプログラムを自分で作る時、圧倒的に Linux の方が楽だ。
同じような解析プログラムを作るのなら、Windows で作るより、Linux で作った方が、3 分の 1 位の時間で作れる。

だから、私にとって Linux は「Windows の代替え OS」ではない。
Linux こそが「本命の OS」で、「Windows の方が代替え OS」だ。

しかし、今までは、Office 系アプリ等では、仕方無しに Windows を使う機会も多かった。
OpenOffice と Firefox それに ThunderBird のお陰で、今後は Windows を使う機会が、一気に減るだろう、少なくともプライベートでは。

ところで、これだけ、Linux を持ち上げて置いて、最後に一つだけ文句を言いたい。

Linux の日本語入力だけには不満がある。漢字変換プログラムと言うより、辞書の方の問題だと思う。流石にフリーの日本語辞書の限界かもしれない。

ATOK for Linux だけは、金出して買おうかと、真剣に悩んで居る。だが、どうやら、ATOK for Linux は、Debian Linux Sarge には対応してないらしい。
何とかして欲しいもんだ。

|

« 告知 | Main | 一ヶ月ぶりに模型飛行機を飛ばす »

Comments

 仮名漢字回りは林譲治さんに相談するといいかもです。彼はLinuxで小説を書いていますので。

Posted by: 松浦晋也 | March 05, 2006 at 03:45 PM

基本的にwindowsですが、XPからは内容に対して高価すぎるという判断を下しました。なにせ、4台にPCを保有しているのですから。それでLinux への移行を画策し、Turbolinux10desktopを購入し、少しずつ使っています。だいたいの仕事はできるのですが、キャノンのスキャナの接続方法がわからないのがつらいです。職場共有のエプソンのスキャナはOKなのですが、私物の方がわからなくって。
ぜひ、Linuxが広まって欲しいと思います。Macも最近のOSは高すぎます。Linuxのシェアが無視できないくらいになればもっと健全になるのでは?

Posted by: はかせ | March 06, 2006 at 08:59 AM

毎日、Debian Sargeの上で暮らしています。

scim + anthyで、ローマ字やNicola入力などで楽しく使っています。OpenOffice.org 2.0系は、新しい方がfontのボールドがうまくいったりと良い部分がありますね。

AtokをDebianでつかうのは
http://www.jent.org/page/diary/20051015.html

などはいかがでしょうか。

Posted by: yabuki | March 11, 2006 at 12:20 AM

OpenOffice の Draw を仕事で使ってます。部品の多い機械図面は無理ですが、簡単な板金加工図ぐらいなら問題なく描けます。pdf にして加工屋さんにメールで送りつけたり。OpenOffice の pdf 変換機能はとっても重宝。
カーソルキーでオブジェクトを移動できるところは昔のMacDraw に近いかも。 でも移動を繰り返すと、座標に少数点以下の誤差が蓄積されるのが難点です。

Posted by: 寺館伸二 | March 11, 2006 at 12:38 AM

松浦さん>
林譲治さんの日記を見て、UbuntuとDebian系のディストリビューションを使っていることを知りました。
日本語入力は何を使っているんでしょう?
知らない顔じゃないのだから、メールか何かで聞けば良いような気もしますが、ちょっと、気が引けてます。

はかせさん>
Turbolinux10desktopの有償版は、ATOK が付いている事が魅力ですね。実は職場では、Turbolinux10desktopを使っていたりします。
自宅で、Debian を使っているのは無料版に拘っているのが理由ですが、ATOK買ったら、Turbolinux10desktopを買った方が早いかもしれませんね。

yabukiさん>
はじめまして、よろしくお願いします。
Debian を相当使い込んでいらっしゃるようですね。私はまだ十分に使いこんでおりませんので、よろしく御教授のほどお願いします。
早速、ATOK を Debianで使う情報を教えていただき有難うございます。
先ほど、柏のビックカメラに行ったところ、ATOK for LINUX は置いていないようでした。
やはり、LINUX は、少数派なんでしょうか。

寺館さん>
OpenOffice の Draw は使い易いですよね。
ところで、昨日(3/11)の夜、NHKスペシャルを見ていたのですが、富山湾をハイパードロフィン号で探査する場面がありました。
潜航前、母船上でマニピュレーターをグイングインと回すシーンがありました。
あれって、寺館さん、関係しているんでしょうか?
息子がテレビ画面を見て、「格好良い!!」って叫んでいました。

Posted by: 野田篤司 | March 12, 2006 at 03:35 PM

ハイパードルフィンは残念ながら関係してないんです。
でもあれガチャコンなんですよね…。しんかいも。
流されちゃったかいこうはマスタースレーブ方式のユニラテラル角度比例制御。蝶々結びもケン玉もできました。<実際にやった(^^)
廃船になったドルフィン3Kは、なんとオールアナログのバイラテラル角度比例制御という高級品でした。

Posted by: 寺館伸二 | March 13, 2006 at 01:02 AM

×代替え(だいがえ?)
○代替(だいたい)

Posted by: 通りすがり | August 26, 2007 at 10:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/8951643

Listed below are links to weblogs that reference OpenOfficeとFirefox:

« 告知 | Main | 一ヶ月ぶりに模型飛行機を飛ばす »