« February 2006 | Main | April 2006 »

March 26, 2006

一周年記念

e042昨年 3月 26日に、このブログを開いて以来、1 年が過ぎた。
その間、10万ヒットを超るアクセスをいただき、ありがたい限りである。
(記念すべき、10万ヒット目のアクセスは、3月 16日であった。)

一年間でのコンテンツ数は 70件を超た。
自分でも意外なことに、1週間に1度以上のペースでコンテンツが増えて行った計算になる。
もっとも、ブログを始めた頃は新鮮で、2日に一回以上の割合に更新して居た。それが、最近では、せいぜい2週間に一度程度の更新になっている。
以下が実際の月毎のコンテンツ数と1件あたりの平均文字数である。(平均文字数の計算には「告知」等のごく短いコンテンツは除いている)
2005年3月 5件 平均 1028文字
2005年4月 17件 平均 1540文字
2005年5月 11件 平均 2197文字
2005年6月 6件 平均 1794文字
2005年7月 2件 平均 3742文字
2005年8月 6件 平均 2209文字
2005年9月 2件 平均 1855文字
2005年10月 4件 平均 2971文字
2005年11月 7件 平均 1343文字
2005年12月 6件 平均 916文字
2006年1月 0件 平均 0文字
2006年2月 6件 平均 1490文字
2006年3月 4件 平均 1741文字 (昨日まで)
なかなか、良いペースだ。意外と落ちて居ない。
むしろ、昨年4月の17件が多すぎたのだ。

さて、1年間を振り返ると、内容的にも大きく変化して居る。
アップするコンテンツの数なら昨年4月がダントツだが、一件あたりのテキスト数は、7月の方が多い。

昨年 7月前後のコンテンツは、自分で言うのも何だが、中身が濃い。
文字数が多いだけではなく、中身の吟味や裏付けなども相当時間を使っている。
この時期のコンテンツを作るだけのために、コンピュータ・シミュレーションをプログラムするのに 3週間位かけ、パソコンと言えど数時間かけてシミュレーションさせたこともある。

ここまで来ると、ブログのネタ作りではなく、論文作成並みである。
(実は、ブログ用に行った解析の結果を、それだけでは勿体ないので、本物の宇宙飛行士相手にプレゼンテーションしたこともある)

さすがに、これ程肩に力が入ると、体力が持たず長続きしない。それ以降、コンテンツ 1 件あたりの文字数が減っている。

文字数の多い「中身が濃い」コンテンツが減った理由は、体力がもたなかっただけではない。
自分では力を入れたコンテンツが必ずしも「受けない」事が判ったからだ。
現在までの最高アクセスを記録したのは「特急 サンダーバード 3号」だ。
このコンテンツを書くのに、ほとんど時間がかからなかったし、イラストも短時間でさらさらと描いたものだ。

「中身が濃い」コンテンツの中には、何週間も時間をかけ、イラストも時間をかけて描いたものも多い。
だが、実際に受け入れられたのは、むしろ「軽い」コンテンツだと判って以降、あまり力を入れ過ぎたコンテンツは止めてしまった。

コンテンツの傾向としては、昨年 9月までは「連載」が主流であった。
ブログ初期の「連載」としては、「システムエンジニアリング」「理想のPDA」、やや遅れて開始した「僕の宇宙船」のシリーズがある。

これらの「連載」は、私が伝えたかった事で、むしろ「連載」を行うためにブログを始めたとさえ言える。
そんな「連載」だが、現在は全て休止状態だ。その理由を自己分析してみると色々と考えられる。

まず、「理想のPDA」であるが、これを止めた理由は単純に「受けなかった」事だ。出口の見えないグダグダしたコンテンツにまともにコメントしてくれたのは野尻さんなど一部の人だけで、アクセス数は増えず、続ける気を失った。

「システムエンジニアリング」は、逆だ。ちゃんと受け入れられ、コメントも多く、その上、アクセス数も稼いだ。
じゃあ、何故、「連載」を止めたかと言うとシステムエンジニアリングが本業になってしまったからだ。
私は数年前から「システムエンジニアリング」の必要性を感じていた。
日本全体に「システムエンジニアリング」が足りないと思えたが、特に私の属する組織において、その不足が強く感じられた。
そのため機会がある度に「システムエンジニアリング」の必要性を説いて居たが、なかなか受け入れられなかった。
ブログの連載としての「システムエンジニアリング」も、その頃思い考え、伝えたかったを綴ったものである。

ところが、私の属する組織も急に「システムエンジニアリング」の必要性を感じたのか、後ればせながら昨秋「システムズエンジニアリング推進室」なるセクションができ、私も一員となった。
「システムエンジニアリング」の必要性を感じなくなった訳ではないが、日々の仕事が「システムエンジニアリング」となれば、さすがにプライベートのブログに連載する気もなくなる。
理想を追いかけて居たうちは色々言えたが、いざ本格的に実施する段階になると、現実の矛盾なども見えてくる。
また、「システムエンジニアリング」の専門家と会い、色々話すうちに、私が力を居れるべき分野は、「システムエンジニアリング」全般ではなく、その一部をなす「設計論」と呼ばれる分野であることが判ってきた。

今後、ブログを進めて行く内に「システムエンジニアリング」の連載が復活するか判らないが、落ち着いたら「設計論」の連載をしても良いかと思って居る。

「僕の宇宙船」の連載を止めた理由は、先の2つと異なる。
この連載は受け入れられ、アクセス数も多く、さらに私としても伝えたいことが幾らでもありモチベーションが下がった訳でもない。

「僕の宇宙船」の連載を止めた理由は、ブログの限界を感じたからだ。

ブログは、基本的に日々の体験や感じたことを書き、公開することを目的として作られて居る。そのため、迅速に記事を書き込み易いように、文字データ主体になって居る。もちろん、画像データを扱えない訳ではないが、副次的に位置付けだ。その上、箇条書き・表・数式などの表現形式に限りがある。

また、過去のコンテンツを見にくいと言う問題もある。「僕の宇宙船」の連載のように、流れが重要なコンテンツには大きな問題だ。

このようなブログの問題点が解決したならば、ぜひ「僕の宇宙船」は連載を再開したいと考えて居る。

初期の連載を止めた後、ブログはエッセイ的な内容が多くなった。
「写真を撮る喜び」や「模型飛行機を飛ばそう」「ボーイズ・レーサー」などだ。
これらのコンテンツは、日頃思って居たことを書いたのだが、書くに当たって「こう言った内容をグダグダと書いて受け入れられるだろうか」と言う不安があった。意外な事に、これらのコンテンツは受け入れられ、私としては嬉しい誤算となった。

また、このエッセイ的なコンテンツの一つの「模型飛行機を飛ばそう」から、実際に模型飛行機を作って飛ばすコンテンツが最近多い。これは、当初全く予定して居なかったもので、「自然発生的な連載」とでも呼べるものだ。

昨年の年末から1月は、公私共に忙しかった。肉体的にも時間的にも精神的にもブログを書く余裕はなかった。この時期何があったか、今は書けないが、その内、笑い話として話せる時期が来たら、紹介しよう。

なにはともあれ、1年間、お付き合いいただいて有り難う。
今後もよろしくお願いする。

========
野田篤司ホームページで、ブログの過去のコンテンツの保存版を始めた。
もちろん、過去のコンテンツを見やすくするためだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

デサマは働いたが・・・

e0410先週の日曜日、大風の日、デサマを工作した。
写真のようにダンパーを使ったものである。(このタイプのデサマの作り方および材料の購入はゴム動力模型飛行機の専門店 KOTOBUKIを参照の事)

また、以前から懸案になっていた背が高く空気抵抗の大きいパイロンも低いものに替え、主翼位置を前にし尾翼のモーメントアームを長くした。重心位置を合わせるために、ノーズに重りを足している。
全質量は、44.5 グラムで、先週よりも9グラム程増えている。パイロンは、むしろ軽くなっているので、重量増は、デサマと重りである。(実際、測ると重りは、7.5 グラムだった)

さて、昨日の土曜日も風が強く、テスト飛行できなかったので、今日、日曜の早朝にテストした。場所は先週と同じく、江戸川の河川敷である。

実際にゴムを巻いて飛ばすと、上昇が悪くなった。やはり、9 グラムつまり、25パーセントの重量増のためか。
滑空は、速度は出ているものの滑空比(低下高度 vs 水平距離)は良くなっている。やはり以前の背の高いパイロンが空気抵抗源になっていたのか?

デサマは、15秒から20秒程度で作動するように設定して飛ばした(動作時間は正確では無い)。
最初の内は、機体が重くなった分、高度が出ず、デサマが働く前に着陸した。

何度か調整する内に、デサマが働くまで飛ぶようになった。

デサマが働くと、それまでスムーズに滑空していたのが、いきなり落ちてくる。
これは面白い。
なるほど、これなら、ずっと狭い場所で飛ばす事ができる。

などと思いながら、何回と無く飛ばしていたが、ある時、悲劇が起こった。

ゴムを巻いている時、靴紐に引っかけるストゥージから機体が外れたのだ。

e0411たぶん、機体がストゥージに十分固定されていなかったのだと思う。今となっては、正確には判らないが。

機体は、写真のように胴体後部がちぎれ、垂直尾翼も破損した。有り難いことに、プロペラを含めた胴体前半、主翼、水平尾翼は無傷である。ここで帰宅した。

さて、修理だが、ここまで壊れると踏ん切りが付く。前から、胴体が短すぎると思っていたのだ。
この際、胴体後部を 10 センチ程長く作り直し、主翼位置をその分後ろにしようと思う。こうすると尾翼のモーメントアームはそのままで、重りを付けずに重心を合わす事ができ、むしろ軽量になると思う。

ビーグル号は、修理&大改造の予定なので、しばらく飛行は、おあずけだ。
今度の飛行は、新ライトプレーン「ダックス号」の方かな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2006

プリンター・スキャナー・コピー複合機を買う

e040古くから使っていたプリンターが壊れたので、プリンター・スキャナー・コピー複合機を買った。
買ったのは、EPSON の PX-A650 と言う機種で、大型量販店で安売りしていた。

早速、Windows98SE マシンと Windows XP マシンにドライバーをインストールする。
プリンターのドライバーをインストールするのは久しぶりだが、こんなに楽になっているとは思わなかった。
何のトラブルも無く、インストールが終了し、プリンターもスキャナーも簡単に使えた。

ここまでは当り前の話で、本題は、ここからである。

私は普段 Debian Linux Sarge を使っていることは、既に何回も書いた。しかし、これまで使って居たプリンターは前世紀のもので、Linux の CUPS に対応しておらず、今まで印刷だけは Windows から行っていた。

今回、購入するに先立ち、プリンターとスキャナーの Linux 用ドライバーがエプソン アヴァシスから供給されているのを調べておいた。Canon 製品を選ばなかったのは、プリンタードライバーが一部の製品しか対応していない上に、スキャナーは全くドライバーが無いためである。HP の製品は Linux 用のプリンターとスキャナーのドライバーが用意されているらしいが、Windows 用の付属アプリに不安があったので、EPSON を選んだ。

早速、我が Debian Linux Sarge で使えるように挑戦だ。
さて、エプソン アヴァシスで供給されているドライバーは、プリンター用もスキャナー用もバイナリーは、rpm 形式だけである。Debian の apt-get 用の deb 形式ではないので、ソースコードから構築したり色々と試して、苦労した。が、結果的には、rpm で依存性を無視して無理矢理インストールするとプリンター用もスキャナー用もちゃんと動作した。

試してみると、GIMP から画像の印刷や OpenOffice.org Writer から文書の印刷は正常に行えた。PDF の印刷はカタカナが文字化けする以外は正常である。
スキャナーの方は、専用アプリの iscan も GIMP からプラグインで呼び出した時も正常に使える。(プリントしながらスキャナーを使うと両方無茶苦茶になる。これは Linux だけの現象か Windows でも同様の現象が起きるか、確認していない。)

印刷もスキャニングした画像も具合が良い。

確かに Linux も、いよいよ実用性が上がってきた。

とは言え、ドライバーのインストールは苦労した。Windows 用のドライバーのインストールの簡易さに比べると、Linux 用ドライバーは敷居が高いと言わざるを得ない。
もうちょっと、どうにかならないかなあ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2006

一ヶ月ぶりに模型飛行機を飛ばす

e039ここのところ、週末はスキーに行ったり、休日出勤したり忙しかった。その上、風が強い日が多く、模型飛行機を飛ばす機会がなくなっていた。

その間に、野尻さんに教えてもらったリンク先Stooge(ストゥージ、ゴム巻き助手)のいろいろを参考に、靴紐に引っかけるストゥージを作った。それが写真だ。

今までは、写真用の三脚や自転車のハンドルに模型飛行機を固定してワインダーでゴムを巻いていたのだが、これでは持っていくものが多い。
靴紐を利用して、ストゥージになるのなら、針金一本で済む。
なかなか便利だ。

さて、今朝は、久しぶりに天気も良く風も無かった。
今回は場所を変えて、江戸川の河川敷に行った。自転車で30分弱かかるが、普段飛ばしている公園より遥かに広い。

江戸川の河川敷は、先週の日曜日に偵察しておいた(先週の日曜は、風が強く、とてもゴム動力機を飛ばす天候では無かった)。河川敷は、野球のグランドが幾つもあり、それ以外にも空き地が多数ある。この空き地だけで十分飛行機が飛ばせる広さがあり、着木しそうな立ち木も無い。河川敷は、平日は立入禁止らしいが、週末は自由に入れるらしい。「河原で、ラジコン/ゴルフ禁止」の看板があったが、ゴム動力のフリーフライトは大丈夫だろう。

さて、江戸川の河川敷に着いて、飛行機を飛ばす準備を始める。今回持っていったのは、ビーグル号である。ビーグル号は、高いパイロンが付いたままだが、前回よりゴムを多くし、7.5グラムにしている。

最初は、軽くゴムを巻く。JR線の橋架から十分に離れて、発進。
軽く上昇した後、旋回しながら滑空する。
滑空時の旋回を見て驚いた。狭い公園なら丁度良い回転半径が、広い河川敷では、小さすぎるのだ。水平尾翼の傾きを抑えるように介物を入れる。

次は、ゴムを大目に巻く。だいたい八割程度だ。
今回は滞空時間を計ってみた。
狭い公園では、こんなに巻いた事がなかったので、発進時に角度を付けすぎた。このため、上昇時に失速し、高度を大きく失った。滞空時間は15秒だった。
35センチ級で、空転ペラのスチレンペーパー機「ひばり」が手巻きで、20秒飛べるのだから、50センチ級のビーグル号が、折りペラ付けて、ワインダーで巻いて 15秒じゃ情けない。

3回目は、同じくゴムを八割程度巻いた。今度は角度を付けすぎ無いように発進である。
理想的な上昇の後、スムーズに滑空に移る。折りペラが畳まれるのが、はっきり見える。

思ったよりも高度が出た。JR線の橋架よりも高度がある。
もしも、JR線の橋架に入ったら大事になるぞ!
十分に橋架から離れて発進したつもりだが、何時の間にか風が出てきた。悪いことに風向きはJR線の橋架の方向だ。
一周目の旋回は、橋架より高度があったが、まだ、水平方向で距離があった。
二周目の旋回も橋架より高度がある。だいぶ橋架に近付いている。

この時ほど、「早く高度が落ちてくれ」と思った事は無い。普段、飛ばすときは「もっと浮かんでいろ」と心の中で願うのが普通だが、この時は逆だった。

三周目の旋回は、さすがに高度が落ちて、橋架よりも低くなった。やっと、ほっとして心に余裕が出てきた。四周目か五周目に橋架の下に入り、結局、ガード下に着陸した。

滞空時間は、40秒だった。50センチ級のオールスチレンペーパー機としては、まあ、なかなかのできだろう。

四回目は、さすがにゴムの巻き数を少なくした。風向きは橋架へ向いているので、JR線の橋架から離れた場所から遠慮がちに発進したため、滞空時間は35秒に留まった。

風が強くなったので、今日は僅か4回の飛行だが、これで止めた。

春の青空の中、模型飛行機を飛ばすのは、楽しいものだ。

今回は40秒だったが、まだ、ゴムをフルに巻いていないし、パイロンを低いものに変えたり、いろいろと調整をして行けば、もっともっと飛ぶようになるだろう。

だが、その前に必要なものが判った。
「デサマ」だ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 05, 2006

OpenOfficeとFirefox

e038自宅で使って居る Debian Linux Sarge に、OpenOffice.org 2.0.1 と Firefox 1.5 をインストールしたので報告する。

まず、OpenOffice であるが、元々 Debian Linux Sarge には OpenOffice 1.1 がパッケージとして用意されて居るが、私はインストールしていなかった。
以前、Vine Linux を使って居たころに、旧バージョン(1.0 時代)の OpenOffice をインストールしたが、「それほどでは無い」と結論していおり、何となく躊躇っていたからだ。

しかし、昨年 11 月にメジャー・バージョンアップされた OpenOffice 2.0 は評判も良いので、試す気になった。

まず、先に IPA フォントをインストールし、続いて最新バージョンの OpenOffice 2.0.1 をインストールした。
多少のマイナートラブルは在ったものの、インストールは成功した。

試しにワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)を使ってみると、なかなか調子が良い。
IPA フォントが奇麗なので、以前のように画面上での表示が醜い事もない。

数式入力(Math)は、歌島さんが「使い物にならない」と酷評して居る。
うーん、これは確かに使いにくいかも。でも、数式を直接 MathML に変換してくれるようなので、それはそれで役に立つかも知れない。

データベース(Base)だけは使い方が判らないので試して居ない。

一番、驚いたのは、ドロー(Draw)だ。
MS-Word のお絵描き機能は全く役に立たないので困って居たのだが、OpenOffice Draw は、とても使い易い。
少なくとも、ドローに関しては、OpenOffice は、MS-Office の置き換えどころか、完全に凌駕している。

今まで、プライベートのパソコンには、Office 系のソフトはインストールして居なかった。プライベートな文書は、全て TeX で書いて居たのだ。
今後、私のスタイルが大きく変わるか判らないが、OpenOffice も一つの候補となり得るだろう。

続けて、Firefox 1.5 もインストールした。
Debian Sarge には、Firefox 1.0 が用意されて居て、こっちの方は以前から使って居た。
Firefox 1.0 に不満があった訳ではないが、「Firefox 1.5 は正式に SVG に対応した」と言う雑誌の紹介記事を見て、インストールする気になった。
私の旧来からのホームページには、MathML と SVG を混在して使ったページがあり、このページを見るためには、非公式な SVG 対応ビルドの Mozzila/Firefox しか方法がなく、気になっていたからだ。

Firefox 1.5 のインストールは、驚くほど簡単だった。早速、自分の旧来からのホームページを見てみる。

「いや、こりゃ凄い。」と思わず声を上げた。
文字も、MathML の数式も、SVG の図も奇麗に表示できて居る。
非公式な SVG 対応ビルドの Mozzila/Firefox で見た時は「もたつき」があったが、今回の正式リリースの Firefox 1.5 は「もたつき」もなくスムーズに表示できる。

最新版の OpenOffice と Firefox を試した感想は、ずばり「もう Linux は、完全に実用になった」だ。

今までは、「Windows の代替え OS」等と言われていた。
「代替え OS」と言う言い方は「所詮、本命は Winows、でもお金が無いから Linux」と言う意味だ。
だが、OpenOffice と Firefox 、それに ThunderBird を入れた Debian Sarge は、実用性では Windows を超えた。

今や、 Windows の優位性は、単に「ユーザーが多い」だけになってしまった。(と言っても「ユーザーが多勢」と言う事実が、最も重要なんだが・・・)

昨年 6 月の Debian Linux Sarge リリース時点では、「時期既に遅し。もう Linux は、これ以上無理か!?」とすら思って居たが、最近のオープンソース陣営の攻勢で、随分状況が変わって来た。
(なんだが、サンマイクロシステムズの戦略に乗せられて居る感が無い訳ではないが・・)

私がプライベートで Linux を使って居る理由は「Windows の代替え」ではない。
私のパソコンの使い方の大半は、「シミュレーション」等のプログラムを自分で作り、解析等をして居る。
このようにプログラムを自分で作る時、圧倒的に Linux の方が楽だ。
同じような解析プログラムを作るのなら、Windows で作るより、Linux で作った方が、3 分の 1 位の時間で作れる。

だから、私にとって Linux は「Windows の代替え OS」ではない。
Linux こそが「本命の OS」で、「Windows の方が代替え OS」だ。

しかし、今までは、Office 系アプリ等では、仕方無しに Windows を使う機会も多かった。
OpenOffice と Firefox それに ThunderBird のお陰で、今後は Windows を使う機会が、一気に減るだろう、少なくともプライベートでは。

ところで、これだけ、Linux を持ち上げて置いて、最後に一つだけ文句を言いたい。

Linux の日本語入力だけには不満がある。漢字変換プログラムと言うより、辞書の方の問題だと思う。流石にフリーの日本語辞書の限界かもしれない。

ATOK for Linux だけは、金出して買おうかと、真剣に悩んで居る。だが、どうやら、ATOK for Linux は、Debian Linux Sarge には対応してないらしい。
何とかして欲しいもんだ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 02, 2006

告知

ナンバーワンTVと言うテレビに出演する。
(CS放送なのかケーブルテレビなのか、実は私も良く判らない。少なくとも我が家では映らない。)

ギターウルフのセイジさんとの対談である。
放映は、3月3日、10日放送 の2回で、時間は両日ともに
・22:00から23:00
・25:30から26:30(再放送)
との事。

ちなみに、収録は、代官山のカフェバー(?)で行ったのだが、夜の代官山には初めて行った(別に昼間も行った事無い)が、完全に私は浮いていた感じだ。
やはり、秋葉原の方が似合う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »