« メーヴェ・・ のようなモノ | Main | 玄箱の時計が進んだり、遅れたり »

November 13, 2005

萩尾望都さんと会う

e02411月 9日、恒例となって居るロフトプラスワンでのイベントに、漫画家の萩尾望都さんをゲストに招いた。
元々、私は萩尾さんの大ファンで、前回のイベントの後、徹夜で歌舞伎町の中華料理屋で飲んだ時、ロフトプラスワンの斉藤さんが「萩尾望都さんなら、うちの店に何度か来たことありますよ」と言ったのを聞いて、「是非、ゲストに萩尾さんを呼んで・・」と拝み倒して、今回の企画となった。

中学生の時からの憧れの人に会うというので、緊張しっぱなしだった。
藤谷さんや八谷さんからは、「いつもの野田さんじゃない!!」と言われる。正直、こんなに緊張したのは、H-IIA ロケット 1 号機の打ち上げ以来だ。

完全に舞い上がった状態で、イベントは進んだ。基本的に宇宙を扱った SF 漫画の科学考証に突っ込みを入れる構成だ。自然と萩尾望都さんの作品では、「11人いる」とか「スターレッド」などが、話題の中心になる。萩尾望都さん以外の作品では、「21エモン」とか「銀河鉄道999」とかが対象となった。

と・・、後は何を言ったか、良く覚えていない。失礼な事を口にしていなければ良いのだが・・

覚えているのは、意外なほどの優しい萩尾望都さんの声だけである。

|

« メーヴェ・・ のようなモノ | Main | 玄箱の時計が進んだり、遅れたり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 萩尾望都さんと会う:

» なぞなぞ宇宙講座2 [少女漫画ラボラトリー「図書の家」の司書日誌]
11月9日の新宿ロフト・プラスワンでのイベントに萩尾さんがゲストで出られた時のよ [Read More]

Tracked on November 13, 2005 10:13 PM

» なぞなぞ宇宙講座2 [最近のみーや★]
身近にサイエンス「なぞなぞ宇宙講座2」 漫画の内のSF設定とは? 【出演】野田篤司(宇宙機エンジニア)、八谷和彦(メディアアーティスト)、藤谷文子(作家/女優) 【Guest】萩尾望都(漫画家) 11月9日に有給休暇を取り損ねてしまい、仕事を大急ぎで片付けて18時過ぎに新宿:ロフトプラスワンに到着してみると、20人ほど並んでいる程度でした。 さすがに平日だし、ロケットまつりの時ほどすごいことにはならないか。(^^... [Read More]

Tracked on November 14, 2005 09:52 AM

« メーヴェ・・ のようなモノ | Main | 玄箱の時計が進んだり、遅れたり »