« 実体顕微鏡でハンダ付け | Main | 僕の宇宙船 安全性 »

June 30, 2005

ロフトプラスワンで喋る

e0166月25日に、新宿歌舞伎町のロフトプラスワンでイベントがあって喋った。女優の藤谷文子さんとポストペットの八谷和彦さんが一緒。この二人の方が、私より、ずっと大物なので、気が楽だった。

藤谷さんは、色々と映画やマンガの SF 的な道具の事を、絶妙のタイミングで聞いて来る。流石、女優だ。八谷さんは、色々と目茶苦茶なモノを実際に作っては、試しているようで、そのビデオを見せられ、驚いてしまった。
二人の魅力で、あっと言う間に時間が過ぎてしまった。

しかし、私も、こう言うイベントに場慣れしたなあ。緊張感も全く感じなかったし。
ロフトプラスワンで喋るのも4回目(うち一回はネイキッド)だし、特に今回のようなパターンでは、宇宙に興味がある人が集まっているので、客層が SF 大会と似て居て、男が大半、女性がホンの僅かと言う構成で、楽だった。

実は、今までロフトプラスワンで喋った中で、一番緊張したのは、昨年の九月に出た時だ。
この時は、バンド怒髪天のボーカルの増子直純さんと藤谷さんが司会するイベントに、ゲストとして出た時だ。
前もって私が出ることは、一切公表しなかったので、集まった客は「宇宙に興味」とは無関係の人達で、増子さんと藤谷さんが目当てで来ている人達ばかりだ。特に増子さん目当ての客は、当然若い女性で、こう言った人達が、最前列を占めている。
こう言った人達の前で喋るのは、初めてで、話したことが受け入れられるか心配で、とても緊張した。
結局は、意外と受けて、結構面白かった。

「宇宙に関心がある人達」の前で喋るのも良いが、全く「宇宙に関心がない人達」の前で喋るのも緊張感があって面白い。
その内、ロフトプラスワンで、事前には公表せずに、誰かのトークのこっそりゲストとして出られるように、ロフトプラスワンの斉藤さんに頼んでおいた。

もちろん、そう言ったゲストだけでなく、ちゃんと名前を出すようなイベントも続けるつもりだ。
(今回は、珍しく「ブログ」=「日記」的な内容だなあ)

|

« 実体顕微鏡でハンダ付け | Main | 僕の宇宙船 安全性 »

Comments

なぞなぞ宇宙講座、楽しく拝聴させていただきました。
妖星ゴラスで聞きそびれたのですが、地球から40万kmあたりを地球の6000倍の質量の物体が通過したら、地球や月が引きずられて軌道が変わってしまったりしないのでしょうか?

Posted by: みーや★ | July 01, 2005 at 04:45 PM

確かに、そうですね。
あんな重いものが近くを通ったら、地球の軌道自体が変わりますね。
南極にロケットエンジン作って、動かしたより、ずっと、大きく動きそうな気がします。
(それとも、相殺されて無くなるか!?)

Posted by: 野田篤司 | July 04, 2005 at 06:37 AM

ロフトプラスワンでは楽しい時間を過ごさせていただきました、ありがとうございました。

直接お話しできる機会があればな〜と思っております。

トークを聞きながら思ったこと

ゴラスに関しては重力で引きずられるだろなということと
大気中で地球を動かせるほどのエネルギーを放出すると(ほとんどは推進剤の運動エネルギーで大気圏外に出るでしょうが)それだけで気象異変がおこって、人類絶滅するんじゃないかなんてことを思っておりました。

Posted by: voyager | July 05, 2005 at 01:13 AM

 ご無沙汰しております。
 東京での仕事が終わり、新潟に帰ることができたので、東京の田村から再び新潟の田村と改めさせていただきます。
 引越しや次の仕事の準備で書き込みが遅れましたが、6月25日のトークライブの感想を書かせていただきます。
 当初、12月末で終わる予定だった仕事が、6月末まで続きました。
 その間、冷蔵庫のような部屋で仕事をさせられたため体を壊したり、新潟の中越地震や豪雪の記事を見て途中で投げ出してでも帰ろうと思いましたが、目の前の辛さから逃げずに仕事をやり遂げて客先に成果物を納めて本当によかったと思っております。
 そのおかげか、野田さんのトークライブが打ち上げ花火のように輝いて見えてとても楽しかったです。
 夕食を摂りながら聴こうと、テーブルのある席を探したのですが先客に占められており、実写の『マグマ大使』の宇宙の帝王ゴアに思えた人の前の席がテーブル付きだったので座ったら、何とカブリツキ! しかも野田さんと面と向かって座ることになろうとは夢にも思いませんでした。
 野田さんの専門から参考に『恐るべき旅路』を持ってきていたのですが、「ピッコロ」の話題が出た時は、「『スペースシャトルの落日』を持ってくればよかった。 左隣の方は賢い。」と悔やみながら、ウィスキーをストレートでコップ2杯も飲んだ勢いで、左隣の方が持っておられた本を取り上げて、しかも隣に座っているのが松浦さんだとつゆ知らず、「ピッコロって、この本に載っている小型ロケットですね。」といってしまう始末で・・・。 左隣の方、本当にご迷惑をおかけしました。
 それと、『スペースシャトルの落日』や『恐るべき旅路』の著者の松浦晋也さんは情熱的な人だと思っておりましたが、会ってびっくり、著書同様外見も「山椒は小粒でピリリと辛い」の「山椒」のような人と同時に物静かで奥行きの深い人であることに驚いてしまいました。 もちろん、「山椒」というアダ名をつけてしまったことはいうまでもありません。
 その松浦さん曰く、「ピッコロは野田さんの考案。」とのことで・・・。
 野田さん、ピッコロを松浦さんの考案だと思っていたことをお許しください。
 しかも、質問で『北京原人』という映画を『北京原人の逆襲』とボケて失笑を買い、野田さんに「勝手に映画を作らないで下さい。」とツッコまれましたが、後で調べたら『北京原人の逆襲』は何と、1978年に香港で作られていたのです。
 詳しくは
http://images.google.com/imgres?imgurl=http://gray.zombie.jp/image_n/movie/animal-panic/n_animal-panic-018-10.jpg&imgrefurl=http://gray.zombie.jp/movie_n/animal-panic/n_animal-panic-018.html&h=111&w=260&sz=6&tbnid=M0-HVZF0axMJ:&tbnh=45&tbnw=107&hl=ja&start=39&prev=/images%3Fq%3D%25E5%258C%2597%25E4%25BA%25AC%25E5%258E%259F%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E9%2580%2586%25E8%25A5%25B2%26start%3D20%26hl%3Dja%26lr%3D%26sa%3DN
をご覧下さい。
 あと、アイドルの松浦亜弥さんがボケ役、松浦晋也さんがツッコミ役、野田さんが進行兼解説役のトークライブを見てみたいです。
 それと、藤谷さんがおっしゃっておられたハチドリそっくりな虫ですが、この虫は「ホウジャク」です。 参考にURLを貼っておきます。
http://homepage2.nifty.com/~murata/ga/houjaku.html
 最後に、鋭いツッコミで笑いの花火を打ち上げて下さった野田さん、自分で考えて行動する力を下さった八谷さん、藤谷さん、そして『恐るべき旅路』の本にサインを下さった松浦さん、飛び入りで舞台に上がってくださった『なつのロケット』や『ワッハマン』の著者のあさりよしとおさん、新潟に帰る間際の最高の思い出を本当に有難うございました。 心よりお礼を申し上げます。
 それでは乱文乱筆と長文をお許しください。

Posted by: 新潟の田村 | July 11, 2005 at 09:40 PM

voyagerさん、正に、その通りです。
ロケットの噴射に引きずられて、地球大気が全て、宇宙に飛び、なくなってしまうでしょう。

田村さん、
ロフトプラスワンで見ていただき、有難うございます。ピッコロについては、こっそり松浦さんの本に入れてもらいました。他にもチョコチョコ私や私の仲間が考案したり、計算したものが入っています。
今後もよろしくお願いします。

Posted by: 野田篤司 | July 12, 2005 at 07:35 AM

追記
 本日の毎日新聞に
松戸市:新潟中越地震復興に支援金1000万円 /千葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050714-00000046-mailo-l12
という記事が載っていました。
 私の住んでいるところは下越にあたる新潟市ですが、この記事を読むと野田さんの住んでいる松戸市との御縁を感じます。
 先ずは野田さんをはじめとする松戸市の皆さん、支援金、本当に有難うございました。
 あと、6月25日のトークライブで野田さんが「空間を曲げたい。」とおっしゃっておられましたが、空間を曲げたいのでしたら南善成氏の「飛翔体の推進装置」が参考になると思いますので、特許庁の特許・実用新案公報DBのURL
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjsogodb.ipdl?N0000=101
で、文献種別に「A」を、文献番号に「H05-172040」と入力して「文献番号照会」のボタンを押して、件の文献をご覧ください。
 最後に、「僕の宇宙船の打ち上げロケットことピッコロのロケットエンジンの燃料を、ケロシンではなくメタンやエタン、いや環境に優しいエタノールにしたらよいのでは?」といった野田さんにお聞きしたいことが山ほどありますので、野田さんの次のトークライブが行われることを期待しております。
 それでは乱文乱筆にて失礼します。

Posted by: 新潟の田村 | July 14, 2005 at 10:41 PM

はじめまして。今井直孝と申します。
新型の推進装置を発明しました。

一方向のモーメント力を発生させる装置 が

平成23年08月24日 実用新案として登録され
平成23年09月15日 特許庁インターネット広報により公開されました。
実用新案登録第3170429号


原理模型動画その1
http://youtu.be/UbCdVFoqSC4

解説
http://www5c.biglobe.ne.jp/~imai/page2.htm

現在、実用化に向けて資金を提供してくれる所を探しています。
興味があれば以下までご連絡ください。

今井 直孝
imai_n@mue.biglobe.ne.jp
〒546-0014 大阪市東住吉区鷹合3-18-28-306
Tel・Fax 06-6698-0936 携帯 090-9114-1953

Posted by: 今井直孝 | September 29, 2011 at 10:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94422/4774087

Listed below are links to weblogs that reference ロフトプラスワンで喋る:

» なぞなぞ宇宙講座 [覚え書き@kazuhi.to]
昼飯兼夕飯を食べてから、新宿ロフトプラスワンへ。今宵のイベントは「なぞなぞ宇宙講... [Read More]

Tracked on July 03, 2005 at 11:45 AM

» [日常] [「短歌と短剣」探検譚]
「なぞなぞ宇宙講座」というロフトプラスワン(東京・新宿)のイベントに行ってきた。はてなTシャツ着て。 [Read More]

Tracked on July 04, 2005 at 01:50 AM

« 実体顕微鏡でハンダ付け | Main | 僕の宇宙船 安全性 »